OCN 解約金 免除 解約方法

インターネット光回線 モバイルwifi ギガ通信のお得まとめブログ

OCNの解約金って免除できないの?解約の方法は?


【記事更新:2020年1月】
他社へ乗り換える等の理由でOCNを解約しなければならなくなった場合、気になるのが解約金ですよね!

 

そう言えばOCNを契約する時に◯年以内に解約すると◯円の違約金がかかるって聞いた記憶があるけど、ハッキリ覚えてないなぁ~。という方も多いのではないでしょうか。

 

一口にOCNと言っても、ご利用のサービスが【ADSL】【フレッツ光】【ドコモ光】【光コラボレーション】など、どの回線を利用しているかによって、解約金や解約方法は異なってきます。

 

このページでは、NTTのフレッツ光回線を利用した「OCN 光 with フレッツ」とNTTコミュニケーションズが提供する光コラボレーション「OCN 光」の2つに絞って、解約の詳細を案内したいと思います。

【ドコモのスマホ(携帯)を利用中の方へ】
とても高額なキャッシュバックが貰える乗り換え先を、以下の記事にまとめました。参考にしてくださいね。
ドコモ光のお得なキャッシュバック・キャンペーン

 
【ドコモのスマホ以外を利用中の方へ】
月額が安く、キャッシュバックも高額なインターネット回線では「NURO光」が第一候補になります。
NURO光の高額キャッシュバック・キャンペーン

OCNの解約前にサービスプランを確認しよう

上述した通り、当ページでは「OCN 光 with フレッツ」と「OCN 光」の2つのサービスの解約について解説しています。以下でそれぞれのサービスの違いについて見ていきましょう。

「OCN 光 with フレッツ」

こちらがいわゆるNTT東日本・NTT西日本が提供する光回線「フレッツ光」と言われるサービスです。【回線はNTT】【プロバイダはOCN】で別々に契約をしているため、インターネット料金はNTTとOCNの2社へそれぞれ支払うことになります。おそらく多くの方がこちらに当てはまると思います。

「OCN 光」

こちらはNTT東日本・NTT西日本が提供する光回線を利用し、OCNと光回線をNTTコミュニケーションズがワンストップ(一括)で提供するサービスです。こちらではNTTコミュニケーションズ1社との契約となるため、回線料もプロバイダ料もまとめてNTTコミュニケーションズへ支払うことになります。

 

まずはあなたが契約しているOCNの光サービスがどちらのプランになるのか「お申し込み内容のご案内」などで確認してみてください。

OCNの解約金っていくら?

OCNの解約金について、「OCN 光 with フレッツ」「OCN 光」に分けて詳しく見ていきましょう!

「OCN 光 with フレッツ」の解約金

ご契約プランが「OCN 光 with フレッツ」の場合、24ヵ月間の最低利用期間があります。そのため、もし料金起算月から2年以内にOCNを解約した場合は、5,000円(不課税)の違約金がかかります。

2年割をご契約の方

「OCN 光 with フレッツ」の2年割とは対象のOCN接続プランとセットで、24ヵ月単位での継続利用を条件に、契約期間中のOCN月額基本料が、戸建て向けの場合は毎月100円(税抜)、集合住宅向けの場合は毎月50円(税抜)お得になるサービスです。契約更新月(25ヵ月目と26ヵ月目など)以外に「2年割」対象のOCN接続プランを解約、または対象外のプランに変更すると、マンションタイプの場合は1,200円(不課税)、ファミリータイプの場合は2,400円(不課税)の違約金がかかります。

 

したがって、「OCN 光 with フレッツ」でプロバイダOCNを解約した場合の違約金をまとめると以下のようになります。

 

解約時期\契約プラン
ファミリー(戸建て向け)
マンション(集合住宅向け)
2年割あり
2年割なし
2年割あり
2年割なし
24ヵ月以内
7,400円
5,000円
6,200円
5,000円
25・26ヵ月目
(契約更新月)
0円
0円
0円
0円
27~48ヵ月以内
2,400円
0円
1,200円
0円
49・50ヵ月目
(契約更新月)
0円
0円
0円
0円

 

「OCN 光 with フレッツ」でOCNだけでなく、契約更新月以外にフレッツ光回線も解約した場合は、別途NTTからも解約金が請求されます。NTTの解約金については「フレッツ光の解約金っていくら?」をご確認ください。

「OCN 光」の解約金

ご契約プランが「OCN 光」の場合、ほとんどの方は「2年自動更新型割引」も同時に申し込んでいるため、毎月1,100円(税抜)の割引が適用されています。そのため、契約更新月(25ヵ月目と26ヵ月目など)以外に「2年自動更新型割引」または「OCN 光」を解約すると「戸建て」「マンション」ともに11,000円(不課税)の違約金がかかります。

 

「OCN 光」の場合は、NTT東日本やNTT西日本との契約はないので、NTTから解約金が請求されることはありません。

OCNの解約方法とお手続きに必要なもの

ご契約プランが「OCN 光 with フレッツ」の方は「OCNマイページ」または「電話」で解約できますが、ご契約プランが「OCN 光」の方は「電話」での解約のみとなります。

 

契約プラン
解約方法
OCN 光 with フレッツ
「OCNマイページ」または「電話」
OCN 光
「電話」

 

OCNを解約する際には、お客さま番号(Nから始まる10桁の番号)が必要となりますので、事前に準備した上で、解約するようにしてください。お客さま番号は「OCN会員登録証」または「お申込内容のご案内」「料金請求書」に記載されています。

 

 

電話で解約する方は以下電話番号にかけてOCNの解約をしましょう。

 

※ OCNドットフォンなどIP電話からフリーダイヤルにおつなぎできない場合は、050-3786-0506へおかけください。

 

OCN解約月の月額利用料は日割り計算される?

OCNの解約は随時受付けており月の途中でも解約が可能ですが、OCNでは料金の日割り計算はおこなっていないため、月途中で解約しても1ヵ月分の月額料金がかかります。

 

ただし、ご契約プランが「OCN 光 with フレッツ」の場合、解約月のOCN(プロバイダ料)は月額料金がまるまる請求されますが、NTTのフレッツ光回線使用料は日割り計算されます。

OCN解約後のモデムの返却方法と送料について

ご契約プランが「OCN 光 with フレッツ」の場合、モデム等の機器はNTT東日本・NTT西日本が提供しているため、解約後はNTTへ機器の返却が必要となります。「フレッツ光解約後のモデムの返却方法と送料について」でも説明しておりますが、NTTから『回収キット』が送られてくるので、それを利用して機器を返却することになります。また、『回収キット』の中に着払い伝票が入っているため、返却にあたっての送料はかかりません

 

ご契約プランが「OCN 光」の場合、モデム等の機器はNTTコミュニケーションズが提供しているため、解約後はNTTコミュニケーションズへ機器の返却が必要となります。こちらも「OCN 光」解約後にNTTコミュニケーションズから返却用キットが届くので、それを使って機器を返却することになります。また、返却時の送料負担もありません。

OCNを解約すると撤去工事や撤去費用は発生するの?

ご契約プランが「OCN 光 with フレッツ」の場合、上述した通り【回線はNTT】【プロバイダはOCN】で別々の契約となります。つまりフレッツ光回線の設備はNTTが提供しているため、プロバイダ契約だけをしているOCNから撤去工事や撤去費用が発生することはありません

 

NTT側の撤去工事や撤去費用の有無については、「フレッツ光を解約すると撤去工事や撤去費用は発生するの?」をご覧ください。

 

ご契約プランが「OCN 光」の場合、回線もプロバイダもNTTコミュニケーションズとの一括契約となりますが、「OCN 光」を解約しても、基本的に光回線の撤去工事は行っていません

 

「OCN 光」の解約にともない建物の取り壊しが発生する場合や建物の取り壊しがなくても設備状況によっては撤去工事が必要となることもあるようですが、万が一撤去工事が必要になった場合でもNTTコミュニケーションズからの工事費用は発生しません

OCNの解約違約金の明細は発行してもらえるの?

OCNの解約違約金が発生した場合、明細を発行してもらえるのか気になるところですよね!他社では明細を発行してくれなかったり、発行手数料がかかったりするところもありますが、OCNでは解約違約金の明細は手数料無料で発行してもらうことが出来ます。

 

回線乗り換え等で他社への解約金の証明が必要だったり、あるいは確定申告等で明細が必要な方もいると思いますので、そういった方はNTTコミュニケーションズへ電話して、解約違約金の明細を発行してもらいましょう。

 

※ OCNドットフォンなどIP電話からフリーダイヤルにおつなぎできない場合は、050-3786-0506へおかけください。

 

OCNを解約したらNTTの解約も別途必要?

ご契約プランが「OCN 光 with フレッツ」の方は【回線はNTT】【プロバイダはOCN】で別々に契約をしているため、フレッツ光回線も解約する場合は、OCNだけでなくNTTへの解約手続きも必要となります。NTTの解約方法については「フレッツ光の解約方法とお手続きに必要なもの」よりご確認ください。

 

ご契約プランが「OCN 光」の方は【回線・プロバイダ(OCN)】ともにNTTコミュニケーションズ1社との契約なので、解約手続きはOCN(NTTコミュニケーションズ)のみでOKです。

OCNを解約したらメールアドレスは使えなくなるのか?

OCNのメールアドレスをお仕事で使っていたり、色んなサイトで登録していて今さらアドレスを変えるのは面倒という方は「OCNバリュープラン」がオススメ!

 

普通にOCNを解約してしまうと、それまで利用していたOCNのメールアドレスも利用できなくなりますが、解約ではなく「OCNバリュープラン」へプラン変更することで、他社の回線やプロバイダでインターネットを接続してもOCNのメールアドレスを継続して利用することが可能です。「OCNバリュープラン」は月額基本料金250円(税抜)でOCNのメールアドレスが1つ利用できます。

 

 

「OCNバリュープラン」のお申込みはこちらから

 

OCNの解約金が免除される4つの方法

本ページで記載してきた通り、OCNを解約する時には解約金が発生する可能性があります。つまり何も知らずに、そのまま解約してしまうとNTTOCNの両方から解約金を請求されて、数万円も支払わなければならない。ということも起こり得るわけです。

 

じゃあ解約金は必ず支払うことになるのか?というと、実はOCNの解約金が免除される方法が4つあるんです。

 

1)契約更新月で解約する
2)解約ではなく移転手続きをする(お引っ越しをする方のみ)
3)解約金負担等のキャンペーンを行っている他社回線に乗り換える
4)光コラボレーションへ転用する

 

ではこれら4つの方法について、それぞれ詳細を見ていきましょう。

1)契約更新月で解約する

こちらは、契約更新月(解約金が発生しないタイミング)でOCNを解約するという方法ですが、ご自身の好きなタイミングで解約できないというところが難点です。

 

ご自宅で契約しているプランの契約更新月がいつなのか、分からないという方も多いと思います。そんな時はまず、OCNを契約した際の書類一式を探してみてください。

 

OCNの解約方法とお手続きに必要なもの」でもご案内したとおり、解約の際は、「OCN会員登録証」または「お申込内容のご案内」に記載されている『お客さま番号』が必要となります。こちらの書類には、「発送日」等の記載があるので、そこから現在まで何年何ヶ月経過しているかが分かります。

 

ほとんどの方は2年間の自動延伸契約をしていると思いますので、契約更新月である25・26ヵ月目49・50ヵ月目で解約すれば解約金は発生しません。

 

OCN会員登録証などの書類だけでなく、OCNマイページ(会員サイト)でも契約期間が確認できるようですが、契約更新月がそれでも分からないという方はOCNに電話して確認してみてください。

 

※ OCNドットフォンなどIP電話からフリーダイヤルにおつなぎできない場合は、050-3786-0506へおかけください。

 

2)解約ではなく移転手続きをする(お引っ越しをする方のみ)

こちらは実際にお引っ越しをする方のみとなりますが、お引越し先でもOCNを継続して利用する場合は、解約ではなく移転になるため、OCNの解約金は発生しません。また、移転先が光回線の提供エリア外などで利用できない場合も、OCNの違約金はかかりません。

「OCN 光 with フレッツ」の移転手続

ご契約プランが「OCN 光 with フレッツ」の方は、以下手順で移転手続を行いましょう。

    • NTTに電話して移転手続をする

※詳しくは「フレッツ光の移転手続」をご確認ください。

    • 移転工事を実施
    • 移転工事完了後、OCNの住所変更手続きをする

※詳しくは「OCN 光 with フレッツの引越し手続き」をご確認ください。

その他ご不明な点は、NTTやOCNに電話して確認しましょう。

「OCN 光」の移転手続

ご契約プランが「OCN 光」の方は、「OCN 光の引越し手続き」より移転手続を行いましょう。

 

移転先でも「OCN 光」を継続利用する場合、OCNの違約金は発生しませんが、おおむね以下の移転工事費は別途かかります。

・工事担当者の訪問なし:2,000円(税込 2,160円)
・工事担当者の訪問あり:7,600円(税込 8,208円)から18,000円(税込19,440円) 

※NTT東日本エリアで土日に工事を行う場合、3,000円(税込3,240円)加算されます。
※NTT東日本エリア・NTT西日本エリアをまたぐ移転の場合、事務手数料が3,000円(税込3,240円)加算されます。

その他ご不明な点は、OCNに電話して確認しましょう。

 

ちなみに引越し業者がまだ決まっていない方は、引越し業者の比較サイト「引越し侍」をチェックしておきましょう!一番安い引越し業者が見つかります。 

 

 

しかも今なら抽選で3名の方に「引越し代金がかえってくる!最大10万円キャッシュバック」が当たるキャンペーンを実施しています。

 

3)解約金負担等のキャンペーンを行っている他社回線に乗り換える

こちらは、OCNの解約金が発生したとしても、乗り換え先(他社)に解約金を負担してもらうことで、実質負担額を0円にするという方法です。これなら、OCNの解約をわざわざ契約更新月に合わせる必要がなく、ご自身の好きなタイミングで解約できるため、最もおすすめの方法です。

 

現に、ほとんどの他社回線では、乗り換えてくれる新規申込者に対して、解約金負担高額キャッシュバック等のキャンペーンを行っています。そして、このサイトをご覧いただいているOCN(フレッツ光)のユーザーさんも、これらのキャンペーンを活用して乗り換えを行っている方が多くいらっしゃいます。

 

 

フレッツ光からの乗り換えでよく選ばれている他社回線はこちら

 

4)光コラボレーションへ転用する

「OCN 光 with フレッツ」をご利用中の方であれば、フレッツ光から光コラボレーションへ転用することで、OCNの解約金を無料にすることが可能です。

光コラボレーションとは

光コラボレーションとは、NTT東日本、NTT西日本より光回線の提供を受けた事業者が「フレッツ光」の回線速度や信頼性をそのまま引き継ぎ、独自のサービスを追加提供することで、より便利なサービスを提供していくモデルのことです。

転用とは

「フレッツ光」を利用している方が「ひかり電話番号」や「お客さまID(契約ID)」はそのままで、光コラボレーション事業者が提供するサービスに切り替えることを転用といいます。

 


通常の回線切り替えと違って転用には以下のようなメリットがあります。

  • 「フレッツ光」の解約金が発生しない。
  • 「フレッツ光」の回線をそのまま利用するため、工事や機器の交換が不要。
  • 工事が不要なので工事費がかからない。
  • 通常の回線切り替えが1ヵ月前後かかるのに対して、転用は10日前後で完了する。

その他にも、転用をすることで「月額料金が安くなる」「プロバイダ料と回線料の支払先が光コラボ事業者に一本化される。」などのメリットがあります。

転用でOCNの解約金が無料になるのは自社転用だけ

実は転用には自社転用と他社転用の2種類があり、フレッツ光から光コラボレーションへ転用してプロバイダの解約金がかからないのは自社転用だけなのです。

 

自社転用とは簡単に説明すると、フレッツ光でご利用中のプロバイダを転用後も利用することを言います。つまり、OCNの場合だと、本ページでご紹介した「OCN 光 with フレッツ」から「OCN 光」へ切り替えることを自社転用と言います。

 

一方、他社転用とは「OCN 光 with フレッツ」から「ビッグローブ 光」などOCN以外の光コラボ事業者へ切り替えることを他社転用と言います。

自社転用と他社転用はどちらがお得?

自社転用と他社転用にはそれぞれメリットとデメリットがあります。

 

自社転用の場合、仮に契約更新月以外に「OCN 光 with フレッツ」から「OCN 光」へ転用したとしても、転用後もOCNを利用するため、上述した通りOCNの解約金は発生しません。ただ、OCNのみならず、光コラボ事業者は、新規ユーザーの獲得に注力しているため、もともとOCNを利用している方が、そのまま自社転用してきても特にキャッシュバックなどの特典は付きません。

 

一方他社転用の場合、契約更新月以外に「OCN 光 with フレッツ」から「ビッグローブ 光」などOCN以外の光コラボ事業者へ転用すると、OCNは解約となるため、「OCN 光 with フレッツ」の解約金でも説明した通り、所定の解約金(0円~7,400円)が発生します。ただ、他社転用の場合は、どの光コラボ事業者もキャッシュバックキャンペーン等を行っているため、転用先によっては13,000円などOCNの解約金以上のキャッシュバックを貰うことができます。

 

自社転用
他社転用
メリット
解約金がかからない
メールアドレスが変わらない
転用時の特典がある
デメリット
転用時の特典がない
解約金がかかる
メールアドレスが変わる

 

転用をする方は上記内容を踏まえて自社転用にするか他社転用にするかをご判断いただければと思います。

 

また、OCNではなくNTT側のお話になりますが、「フレッツ光」の初期工事費分割払いがまだ残っている場合、(工事費残債が免除されたり、負担してくれる事業者も一部あるようですが、)基本的には転用した光コラボ事業者へ継続して支払うことになるため、その辺は注意しておかなければなりません。

転用の申し込み手順

「転用の申し込み」~「フレッツ光解約」までの簡単な流れは次のようになります。
※他社転用の方は転用完了後にOCNの解約も行いましょう。

 

 

ドコモユーザーはドコモ光(GMOとくとくBB)への他社転用がおすすめ!

NTTドコモの携帯電話・スマートフォンを契約している方は、ドコモ光(GMOとくとくBB)への他社転用がおすすめです。ドコモ光もフレッツ光回線の設備を使って提供されるサービスなので、回線はそのまま利用できます。

 

現在GMOとくとくBBのドコモ光ではお得なキャンペーンを実施しており、転用をした方には以下2つの特典が付きます。

 

・「現金最大20,000円」キャッシュバック!
・「dポイント5,000pt」プレゼント!
※それぞれの特典には適用条件があります。

 

さらに、GMOとくとくBBのドコモ光は、次世代技術のv6プラスという接続方式を採用しているため、ドコモ光に転用するだけで回線速度が速くなる可能性もあります。そしてなんとv6プラス対応のWi-Fiルーターも無料レンタルができるので、無線ルーターを考えている方には、絶好の転用タイミングだと思います。

 

また、ドコモ光はドコモのスマホが安くなる唯一の光なので、ドコモユーザーは間違いなくGMOとくとくBBのドコモ光に転用した方がいいでしょう。

 

【こちらの記事もオススメ!】 

ドコモユーザーはフレッツ光からドコモ光に乗り換えた方が断然お得!

 

 

ドコモユーザー以外の方は以下リンクよりオススメの転用先をご覧ください。

 

 

転用に関する詳細や転用でオススメの事業者(代理店)一覧についてはこちら

 

フレッツ光ユーザーが乗り換えでよく選ぶ人気の他社回線とは?

フレッツ光からの乗り換え先としてよく選ばれている回線には以下のような特徴があります。

  • フレッツ光よりも月額料金が安い。
  • 携帯やスマホとのセット割引がある。
  • 新規契約のキャッシュバックが充実している。
  • フレッツ光やプロバイダの解約金を負担してくれる。
  • 乗り換え時の初期費用がかからない。

 

その人気の乗り換え先となる【ドコモ光】と【NURO光】を以下の記事で解説しました。

 

【ドコモのスマホ(携帯)を利用中の方】
とても高額なキャッシュバックが貰える乗り換え先を、以下の記事にまとめました。参考にしてくださいね。
ドコモ光のお得なキャッシュバック・キャンペーン

 
【ドコモのスマホ以外を利用中の方】
月額が安く、キャッシュバックも高額なインターネット回線では「NURO光」が第一候補になります。
NURO光の高額キャッシュバック・キャンペーン

 

プロバイダの解約金と解約方法