ドコモ光 フレッツ光 乗り換え 転用

インターネットサービスを最もお得に契約する方法

ドコモユーザーはフレッツ光からドコモ光に乗り換えた方が断然お得!


【記事更新:2020年1月】
お家のネットはフレッツ光を契約していて、スマホはドコモを使っているという方は、すぐにでもフレッツ光からドコモ光に乗り換えることをオススメします。

 

その理由として、ドコモユーザーはネットを「ドコモ光」にした方が、料金面やサービス面で多くのメリットがあるからです。

 

このページでは、ドコモユーザーがネットをフレッツ光からドコモ光へ乗り換えることで得られるメリットについて詳しく解説しておりますので、よろしければぜひ最後までご覧ください。

 

ドコモのスマホ・ケータイは使っているけど、ネットはフレッツ光ではないという方は、こちらの記事→「ドコモユーザーならネットは絶対ドコモ光にしてdカードGOLDを発行したほうが良い理由」をご覧ください。


フレッツ光からドコモ光へ乗り換える5つのメリット

 

お家のネットをフレッツ光からドコモ光へ乗り換えることで、ドコモユーザーには以下5つのメリットがあります。

 

  • スマホ・ケータイ代が安くなる
  •  

  • ネット代も安くなる
  •  

  • キャッシュバックやポイント還元がある
  •  

  • ネットが快適に使えるようになる
  •  

  • v6プラス対応のWi-Fiルーターが無料で使える

 

ちなみに、フレッツ光からドコモ光に乗り換えることを「転用」と言いますが、この転用はフレッツ光回線をそのまま利用するため、新たに回線工事が入ることはありません。つまり、工事がないため、工事費用も発生せず、転用の手続きさえ行えば簡単に乗り換えが完了するのです。

 

「転用」についての詳細な説明は後ほどするとして、まずは、5つのメリットについて詳しく見ていきましょう!

 

スマホ・ケータイ代が安くなる

ドコモユーザーはドコモ光を利用するとドコモのスマホ・携帯代がず~っと割引されます。割引額はドコモ携帯の契約プランによって異なりますが、毎月100円~3,500円割引されるため、早く申し込むほどお得です。また、家族もドコモユーザーなら、割引額は高くなります。

 

 

実際にネットをフレッツ光からドコモ光に乗り換えたドコモユーザーの口コミを見てみると、スマホの割引が適用されてとても嬉しそうな様子が伝わってきます。

 

 

最後のドコモ光に乗り換えていない方はスマホの割引もないため、ちょっと後悔していますね。

 

ここで皆さんが気になるのは、「我が家もフレッツ光からドコモ光へ乗り換えると、スマホ代は一体いくら安くなるんだろう?」ということではないでしょうか。

 

実はドコモ光を申込む前に、「GMOとくとくBB」というドコモ光のプロバイダサイトで、スマホ・携帯の割引額がいくらになるか、事前にシミュレーションすることができるんです。

 

「GMOとくとくBB」の詳細については「ドコモ光のキャンペーンが一番お得な窓口はどこ?」で説明しておりますので、このページでは割愛しますが、ひとまずドコモ光を一番お得に申込める窓口ということだけ覚えておけば大丈夫です。

 

まずは、あなたのケータイ、スマホの料金がいくら安くなるのか、試しに「GMOとくとくBB」のサイトで割引額をチェックしてみましょう!


 

ネット代も安くなる

ネット回線をドコモ光にすると、ドコモのスマホ代が割引されるということは分かったけど、そもそもドコモ光の料金が高いんじゃないの?と思った方、ご安心ください。ドコモ光は月額料金も安いんです。

 


口コミを見てみると、後からドコモ光の方が安いと知った人は残念がっている様子ですね。

 

以下はフレッツ光とドコモ光の料金比較表ですが、フレッツ光のプロバイダの中でも最も安い「GMOとくとくBB」を利用している場合でも、ドコモ光の安さには敵いません。

 

回線

プロバイダ

月額料金(一戸建て)

月額料金(集合住宅)

フレッツ光

BIGLOBE

6,900円(税抜)

4,650円(税抜)

フレッツ光

OCN

6,800円(税抜)

4,650円(税抜)

フレッツ光

ぷらら

6,700円(税抜)

4,550円(税抜)

フレッツ光

GMOとくとくBB

6,460円(税抜)

4,280円(税抜)

ドコモ光

GMOとくとくBB

5,200円(税抜)

4,000円(税抜)

 

ドコモ光は、フレッツ光(GMOとくとくBB)と比べても戸建ては月々1,260円(年間15,120円)集合住宅は月々280円(年間3,360円)安くなります。

 

ネット回線は一度契約すると、最低利用期間などの関係もあるため、2~3年は継続するご家庭がほとんどかと思います。そう考えると、ドコモ光にした方が戸建ては3年で45,360円、マンションは3年で10,080円もネット代が節約できるということになります。

 

現在フレッツ光で、BIGLOBEやOCNやぷららなどのプロバイダを利用している方は、ドコモ光にすることで、節約金額はさらに大きくなります。

 

キャッシュバックやポイント還元がある

 

フレッツ光からドコモ光へ転用すると、今ならdポイントが5,000pt貰えます。ドコモユーザーであれば、ほとんどの方がご存知かと思いますが、dポイントは街のコンビニやファーストフード店、デパートなどのリアル店舗だけでなく、ネットショッピングにも利用できる便利なポイントです。ちなみに、dポイントはドコモ光へ転用後、翌々月20日までに付与されます。

 

 

また、上記でも少し触れましたが、フレッツ光からドコモ光へ転用するなら、最もキャンペーンがお得で、サービスの質も高い「GMOとくとくBB」から申込むのがオススメです。「GMOとくとくBB」からドコモ光の転用を申込むことで、最大で20,000円のキャッシュバックがもらえます。

 

期間

特典金額

適用条件

契約体系

開通期限

2019/2/25~

20,000円

ドコモ光

ひかりTV for docomo

DAZN for docomo

2019/6/30

18,000円

ドコモ光

ひかりTV for docomo

15,000円

ドコモ光

DAZN for docomo

5,500円

ドコモ光

 

キャッシュバックの適用条件やその他の注意事項等についてはGMOとくとくBBのサイトをご覧ください。

 

上述した通り、ドコモ光に転用することで、dポイントやキャッシュバックが手に入りますが、他にもドコモユーザーが毎月dポイントをザクザクためる方法があります。それは「dカード GOLD」を発行するという方法です。このdカード GOLDはドコモユーザーには嬉しい様々な特典があるため、非常に多くの方がこの「dカード GOLD」を所有しています。

 

 

「dカードGOLD」は年会費が10,000円かかりますが、毎月のドコモのケータイおよび「ドコモ光」のご利用料金の10%がポイント還元されるため、正直これだけでも年会費はかるくペイできます。

 

【こちらの記事もオススメ!】

 

ドコモユーザーならネットは絶対ドコモ光にしてdカードGOLDを発行したほうが良い理由

 

 

また、ドコモ光もそうですが、この「dカード GOLD」もプロバイダ「GMOとくとくBB」から申込むことで、公式特典とは別にGMOとくとくBB限定特典として「GMOポイント5,000円分」も貰えるので、「ドコモ光」も「dカード GOLD」もドコモ公式からではなく、「GMOとくとくBB」から申込む方が断然お得です。



 

ネットが快適に使えるようになる

インターネットの接続方式には従来のIPv4(PPPoE)方式による接続と、次世代通信のIPv6(IPoE)方式による接続の2種類があり、後者の方が速度遅延が発生しにくいという特徴があります。

 

GMOとくとくBBのドコモ光では、この次世代通信サービスのIPv6 IPoE方式(サービス名称:v6プラス)を採用しており、アクセスが集中するポイントを通らずに接続されるため、一般的に混雑しやすい時間帯でも快適にインターネットを利用することができます。

 

 

つまり、工事不要で同じフレッツ光回線を使うと言っても、v6プラス対応のドコモ光に変わることで、今よりもネットが快適に使えるようになるのです。

 


口コミを見ていただければ説明不要かと思いますが、GMOとくとくBBのドコモ光に乗り換えている方は、速度に満足していますね!

 

実はドコモ光のプロバイダって全部で26社もあるんです。ただ、同じドコモ光でもプロバイダによって料金が高くなったり、v6プラスに対応していなかったりと様々な違いがあるので、プロバイダ選びはかなり重要になってきます。

 

何度も言いますが、ドコモ光のプロバイダの中で一番オススメできるのが「GMOとくとくBB」です。安さ、速さ、キャンペーン内容、サービスの質、どれをとっても現時点で「GMOとくとくBB」の右に出るプロバイダはありません。

 

【こちらの記事もオススメ!】

 

ドコモ光のプロバイダ選びは超重要!おすすめはズバリここ!

 

 

v6プラス対応のWi-Fiルーターが無料で使える

 

ドコモ光のオススメプロバイダ「GMOとくとくBB」では次世代高速通信のv6プラスに対応したWi-Fiルーターを無料で貸し出しています。

 

このv6プラス対応のWi-Fiルーターが無料で使えるかどうかは、個人的にはかなり重要なポイントだと思っています。なぜなら、Wi-Fiルーターって、あった方が確実に便利だからです。

 

Wi-Fiルーター(無線ルーター)の役割は説明しなくても皆さんご存知かと思いますが、基本的なところで言うと以下のようなメリットがありますよね!

 

  • LANケーブルが不要なのでお部屋がスッキリする
  • どの部屋からでもインターネットが使える
  • 複数のパソコンを同時に接続できる

 

当然、無線に対応している機器であれば、パソコンでなくても、スマホ、タブレット、ゲーム機、プリンター、テレビなど様々なものと接続できますし、他にも、毎月スマホで通信速度制限に引っかかるという人は、家ではWi-Fiを使うことで速度制限を回避できるかもしれないというメリットもあります。

 

それと意外と知らいない人もいるので、念の為お伝えしとくと、Wi-Fiルーター(無線ルーター)は、有線LANが内蔵されているので、有線ルーターとしても利用することができます。たまに、無線ルーターだと速度が不安定なので有線ルーターの方がいい。と言っている方がいますが、無線ルーターは無線・有線兼用なので無線ルーター1つあれば事足りるんですね。もちろん、デスクトップPCは有線で、ノートPCは無線でつなぐ。なんて使い方もできます。

 

以上の事から、Wi-Fiルーターは有って困るものではないですし、むしろ無いと困ることが多々あるので、v6プラス対応のWi-Fiルーターが無料でレンタルできるというのはとても大きなメリットと言えます。

 

現在、古い機種のWi-Fiルーターを使っている方はもちろんですが、今後Wi-Fiルーターデビューする方にも、このv6プラス対応のWi-Fiルーター無料レンタルはかなりオススメです。





転用の説明とお手続きの流れ

 

フレッツ光からドコモ光へ乗り換えることを「転用」と言いますが、ここからは転用についてもう少し具体的に説明していきたいと思います。

転用とは?

転用とは「フレッツ光」を利用している方が「ひかり電話番号」や「お客さまID(契約ID)」はそのままで、光コラボレーション事業者が提供するサービスに切り替えることをいいます。

 

光コラボレーションとは、NTT東日本、NTT西日本より光回線の提供を受けた事業者が「フレッツ光」の回線速度や信頼性をそのまま引き継ぎ、独自のサービスを追加提供することで、より便利なサービスを提供していくモデルのことです。

 

ドコモ光だけでなく、SoftBank光、OCN光、ビッグローブ光、So-net光など、フレッツ光回線を利用してサービスを提供している事業者は全て光コラボレーション事業者となります。

 


通常の回線切り替えと違って転用には以下のようなメリットがあります。

 

  • 「フレッツ光」の解約金が発生しない。
  •  

  • 「フレッツ光」の回線をそのまま利用するため、基本的に工事や機器交換は不要。
  •  

  • 工事が不要なので工事費がかからない。
  •  

  • 通常の回線切り替えが1ヵ月前後かかるのに対して、転用は10日前後で完了する。

 

その他にも、転用をすることで「月額料金が安くなる」「プロバイダ料と回線料の支払先が光コラボ事業者に一本化される。」などのメリットがあります。

 

ただし、「フレッツ光」の初期工事費分割払いがまだ残っている場合、転用した光コラボ事業者へ継続して支払うことになるため、その辺は注意しておかなければなりません。

 

「転用の申し込み」~「フレッツ光解約」までの簡単な流れは次のようになります。

 

 


フレッツ光からドコモ光への転用の手順

 

フレッツ光からドコモ光へ転用する際の手順については、基本的には以下のような【2ステップ】で完了します。

 

① NTTに電話かWEBで転用の手続きを行い、「転用承諾番号」を取得する

既に「転用承諾番号」を取得している方は、そのままドコモ光へ転用のお申し込みが可能ですが、まだ「転用承諾番号」を取得していない方は最初にこちらを済ませる必要があります。

 

「転用承諾番号」はNTTの公式サイトから取得することができますが、お手続きには以下を準備する必要がありますので、事前に確認しておきましょう。

 

① 契約ID(お客さまID)、ひかり電話番号または契約者の連絡先電話番号
② フレッツ光のご契約者名
③ フレッツ光のご利用場所住所
④ 現在のお支払い方法

 

※お客さまID等の情報はフレッツ光開通時にNTTから送付されてきた「開通のご案内」または「お申し込み内容のご案内」に記載されています。支払方法については、NTTからの請求書やクレジットカード明細等で確認しましょう。その他お手続きでご不明な点はNTTの公式サイトに詳しくご案内が記載されているので、そちらをご確認ください。

 

NTT西日本

NTT東日本

電話 0120-553-104
受付時間:9:00 ~ 17:00
(土日祝日も受付。※年末年始は除く)
0120-140-202
受付時間:9:00 ~ 17:00
(土日祝日も受付。※年末年始は除く)
WEB NTT西日本 フレッツ公式ホームページ
受付時間:7:00 ~ 25:00
(土日祝日も受付。※年末年始は除く)
NTT東日本 フレッツ公式ホームページ
受付時間:8:30 ~ 22:00
(土日祝日も受付。※年末年始は除く)


※転用承諾番号の有効期間は、15日間です。有効期間内に転用のお申込みを行いましょう!

② ドコモ光へ転用のお申し込みをする

「転用承諾番号」が取得できたら、いよいよドコモ光へ転用の申込みが可能となります。

 

繰り返しとなりますが、ドコモ光で最もオススメの窓口はプロバイダサイトの「GMOとくとくBB」ですので、GMOとくとくBBのWEBサイトから申込むようにしましょう!





光コラボレーションへの転用Q&A

転用の場合、本当に工事は不要なのか?
転用の場合、基本的には工事不要ですが、回線タイプの変更や移転を伴う場合等は別途工事が発生する事があります。
転用までにかかる日数は?
転用承諾番号取得後、光コラボ事業者に転用を申し込んでから約10日前後(工事不要)で完了します。
今使っているプロバイダの解約は必要か?
転用後にプロバイダが変わる場合は、現在ご利用中のプロバイダを解約する必要があります。インターネットが使えなくなる期間が生じないようにするためにも、転用完了後に解約することを推奨します。
フレッツ光回線の解約は必要か?
いきなりフレッツ光の解約をする必要はありません。転用をする場合、まずはNTTに電話をするか、もしくはNTTの公式サイトから「転用承諾番号」を取得して、取得完了後は光コラボ事業者へ転用のお申込をしてください。光コラボ事業者への「転用」が正常に行われた場合において、 「フレッツ光」はそのまま解約されます。
転用するにあたり今利用中のフレッツ光やプロバイダにて解約金は発生するか?
フレッツ光について、NTTの「にねん割」や「光もっと割」等の割引サービスを利用中で、転用を申し込んだ場合、光コラボレーションの利用開始に伴い割引サービスは解約となりますが、解約金はかかりません。
プロバイダについては契約内容(ご利用期間)によっては解約金が発生する場合がありますので、事前に契約内容を確認しておきましょう!
転用後にプロバイダが変われば現在のメールアドレスは使えなくなるのか?
現在、プロバイダから提供されているメールアドレスを利用している場合は、基本的に転用後は使えなくなりますが、プロバイダによっては月額200円~400円ほどのメールコースに変更することでメールアドレスを引き続き利用することができます。詳しくはご利用中のプロバイダに確認してみてください。
「@yahoo.co.jp」や「@gmail.com」等、フリーメールを利用している場合は、転用後もそのまま利用できます。


 

ドコモ光