ドコモ光 プロバイダ おすすめ

インターネットサービスを最もお得に契約する方法

ドコモ光のプロバイダ選びは超重要!おすすめはズバリここ!


【記事更新:2020年1月】
ドコモ光のプロバイダってどこがいいんだろう?と思って真面目にネット検索をして当サイトへ辿り着いたそこのあなた!さすがです!もうこの時点であなたは、何も調べていない方よりもお得なプロバイダでドコモ光を利用できることが確定しました。おめでとうございます。

 

・・・・・

 

はい。と言うことで、冒頭からいきなり胡散臭い感じになっておりますが、実際、インターネット回線を契約する上でプロバイダ選びってかなり重要なことなんです。

 

 

はじめにプロバイダ選びの重要性を知ろう!

 

ドコモ光の話からは少し脱線しますが、プロバイダについて皆さんに一つ質問させていただきます。皆さんもよくご存知のフレッツ光(NTTの光回線)に対応しているプロバイダってどのくらいあると思いますか?

 

実はフレッツ光のプロバイダは300社以上もあるんです。でも300社全てを知っている人なんてまずいませんし、ほとんどの方は聞いたことあると言っても、せいぜい主要プロバイダの10社~15社くらいだと思います。

 

これだけ多くのプロバイダが存在しているにも関わらず、ほとんどの方は「OCN」「BIGLOBE」「plala」などの主要プロバイダと契約しています。もしかしたら、他のマイナーなプロバイダの方がお得になるかもしれないのにです。

 

回線が同じでも、プロバイダのサービス内容まで全く同じということは、まずあり得ません。例えば、プロバイダの料金、メールサービスやセキュリティなどのオプション内容、最低利用期間、解約金、サポート体制など、細かく調べれば調べるほど、各プロバイダの違いが明確になってきます。

自分が使っているプロバイダの特徴を知らない人が多すぎるという恐ろしい事実

私はネット回線の営業マン時代に1,000名以上のフレッツ光ユーザーとお会いしているのですが、なぜ今のプロバイダを選んだのかを聞いてみると、ほとんどの方は「NTTの営業マンに勧められたから」「家電量販店の店員に勧められたから」「TVCMもやってて知名度があるから」「キャンペーンがお得だったから」などの理由で主要プロバイダと契約していました。

 

結局のところ、営業マンに言われるがまま契約したり、目先のキャンペーンだけで判断したり、何となく有名だからという理由で申込んだりして、気づいたら毎月高い料金を払っていたという人が多かったんです。つまり、そのプロバイダにこだわりを持っている訳ではなく、そのプロバイダの良さや具体的なサービスの中身、他プロバイダとどう違うのかなどを知っている人はほとんどいなかったのです。

 

そんな中、お会いした方の中には、私が知らないマイナーなプロバイダと契約していて、そのプロバイダの特徴を教えてくれたお客様もいました。その方は、自分が使っているプロバイダのメリットをしっかりと理解した上で契約していたため、他の主要プロバイダを使っている人よりも、毎月安い料金でお得なサービスを受けていたのです。

 

この時私は、やはり明確な根拠を持ってプロバイダを選ぶことが大事なんだ!と再認識させられました。

 

そろそろドコモ光に話を戻しますが、ドコモ光においても数多くのプロバイダが存在しており、どのプロバイダを選ぶかで、料金や速度、サービス内容が異なります。

 

ドコモ光で、なぜそのプロバイダがおすすめなのか?他プロバイダとどう違うのかなど、詳しく解説していきますので、最後までご覧いただけると幸いです。

ドコモ光のプロバイダはズバリ「GMOとくとくBB」がおすすめ!

 

ドコモ光に対応しているプロバイダは全部で26社あります。フレッツ光の300社に比べたら全然少ない方ですが、それでも26社全ての特徴や違いを調べるのは大変ですよね!

 

そこで当サイトでは私が事前に徹底的に調べた結果、総合的にみて一番お得になるプロバイダが【GMOとくとくBBのドコモ光】
である理由を3つに分けて説明しておりますので、ぜひ参考にしてみてください。

①「GMOとくとくBB」ならタイプAだから月額料金が安い!

ドコモ光の定額プランには「タイプA」と「タイプB」の二種類があり、それぞれ対応しているプロバイダと月額料金が異なります。結論から言えば、戸建てもマンションも「タイプA」を選んだ方が毎月200円安くなります。

 

定額プラン

プロバイダ例

月額料金(戸建て)

月額料金(マンション)

タイプA

GMOとくとくBB

5,200円(税抜)

4,000円(税抜)

タイプB

OCN

5,400円(税抜)

4,200円(税抜)

 

当サイトでおすすめしている「GMOとくとくBB」ももちろんタイプAなので、「タイプB」のプロバイダよりも毎月安くドコモ光を利用することができます。それでは、「タイプA」と「タイプB」にはそれぞれどんなプロバイダがあるのか見ていきましょう!

 

 

タイプBには、あの有名な会員数No.1のプロバイダ「OCN」がいますね!「OCN」はNTTコミュニケーションズが運営する信頼できるプロバイダなので、この「タイプA」と「タイプB」の違いを知らない人は、おそらく知名度だけで「OCN」を選ぶかもしれません。

 

でも、タイプBである「OCN」を選んだ場合、タイプAのプロバイダを選んだ人よりも年間2,400円も多く払うことになるんです。この差は非常に大きいですよね!

 

後にも詳しく説明していますが、「タイプA」は安いから質が低い、「タイプB」は高いから質が高い、ということは一切ありません。私がオススメしている「GMOとくとくBB」もそうですが、むしろ「タイプA」の方が質が高いと言っても過言ではないでしょう。

②「GMOとくとくBB」なら他社よりもネットの速度が速い!

ドコモ光はどのプロバイダも速度は同じと思っていませんか?実はプロバイダ毎に推奨している通信方式(接続方式)が異なっており、それによって速度も変わってくるんです。

 

インターネットの接続方式には従来のIPv4(PPPoE)方式による接続と、次世代通信のIPv6(IPoE)方式による接続の2種類があり、後者の方が速度遅延が発生しにくいという特徴があります。

 

「GMOとくとくBB」は、この次世代通信サービスのIPv6 IPoE方式(サービス名称:v6プラス)を採用しており、アクセスが集中するポイントを通らずに接続されるため、一般的に混雑しやすい時間帯でも快適にインターネットを利用することができます。

 

 

このように、同じドコモ光でも利用するプロバイダによって接続方式が異なるため、少しでも速度を速くしたいという方は、v6プラスに対応したプロバイダを選ぶといいでしょう。

 

では、26社あるプロバイダの中でv6プラスに対応しているプロバイダはいくつあるのでしょうか?調査してみたところ、v6プラスに対応しているプロバイダは全体の約半分の12社でした。その12社のプロバイダは以下の通りです。

 

 

よく聞くプロバイダからマイナーなプロバイダまで様々ですが、そのほとんどは料金の安いタイプAということが分かります。つまり、料金が高いからと言ってタイプBの方がサービスの質が高いという訳ではないのです。

 

タイプBの中で唯一「OCN」だけはv6プラスに対応しているので、さずが会員数No.1のプロバイダですが、上述した通り、わざわざ高い料金を払ってまで「OCN」にする必要性はありません。

 

そして上記12社のプロバイダのロゴを見て気になった方もいるかもしれませんが、12社中6社のロゴの左側に「自動」の文字がありますよね!この自動が何なのかと言うと、そのプロバイダと契約した場合、ドコモ光の開通と同時にv6プラスも自動で適用されるという意味です。

 

つまり、「ドコモnet」「plala」「So-net」「GMOとくとくBB」「@nifty」「BIGLOBE」の6社であれば、ドコモ光を開通した瞬間から次世代高速通信技術のv6プラスでインターネットが利用できるということなんです。

 

逆に、それ以外のプロバイダを選択した場合は、開通後に別途v6プラスの申込みが必要となるため、これを忘れてしまうとv6プラスが適用されないままドコモ光を使うことになってしまいます。

 

このように、v6プラスが自動適用されないプロバイダに関しては、ドコモ光が開通したからと言って安心していると、気づいたら他の人よりも遅い速度でドコモ光をずっと使っていた。ということにもなりかねないので、そんなリスクのあるプロバイダを私はあまりオススメしていません。

 

では、料金が安いタイプAで、なおかつv6プラスが自動適用されるプロバイダが6社ある中で、なぜ「GMOとくとくBB」が一番オススメなのか?

 

次の項目でその理由を説明していきたいと思います。

③「GMOとくとくBB」ならv6プラス対応のWi-Fiルーターが無料で使える!

ここまで残ってきたプロバイダが6社ありますが、この6社の中からお得なプロバイダを見極めるポイントとして、v6プラスに対応したWi-Fiルーターが無料でレンタルできるかどうか?というものがあります。こちらは確認したところ、6社中「plala」「So-net」「GMOとくとくBB」の3社しか無料レンタルは行っていませんでした。

 

 

このv6プラス対応のWi-Fiルーターが無料で使えるかどうかは、個人的にはかなり重要なポイントだと思っています。なぜなら、Wi-Fiルーターって、あった方が確実に便利だからです。

 

Wi-Fiルーター(無線ルーター)の役割は説明しなくても皆さんご存知かと思いますが、基本的なところで言うと以下のようなメリットがありますよね!

 

  • LANケーブルが不要なのでお部屋がスッキリする
  • どの部屋からでもインターネットが使える
  • 複数のパソコンを同時に接続できる

 

当然、無線に対応している機器であれば、パソコンでなくても、スマホ、タブレット、ゲーム機、プリンター、テレビなど様々なものと接続できますし、他にも、毎月スマホで通信速度制限に引っかかるという人は、家ではWi-Fiを使うことで速度制限を回避できるかもしれないというメリットもあります。

 

それと意外と知らいない人もいるので、念の為お伝えしとくと、Wi-Fiルーター(無線ルーター)は、有線LANが内蔵されているので、有線ルーターとしても利用することができます。たまに、無線ルーターだと速度が不安定なので有線ルーターの方がいい。と言っている方がいますが、無線ルーターは無線・有線兼用なので無線ルーター1つあれば事足りるんですね。もちろん、デスクトップPCは有線で、ノートPCは無線でつなぐ。なんて使い方もできます。

 

以上の事から、Wi-Fiルーターは有って困るものではないですし、むしろ無いと困ることが多々あるので、v6プラス対応のWi-Fiルーターが無料でレンタルできないプロバイダはオススメしません。

 

この辺の違いをしっかりと理解していない人は、おそらく家電量販店やドコモショップの店員が勧めてくるプロバイダ「ドコモnet」などをそのまま申込んでしまうことでしょう。

 

「GMOとくとくBB」のWi-Fiルーターが最も性能が高い!

ここまで残ってきたプロバイダは以下の3社ですが、v6プラス対応のWi-Fiルーターが無料でレンタルできると言っても、そのWi-Fiルーターの性能は各プロバイダで異なります。結論から言えば、Wi-Fiルーターの性能が最も高いのは「GMOとくとくBB」でした。

 

 

各プロバイダが提供するWi-Fiルーターの詳細は以下の通りとなっており、ダントツで「GMOとくとくBB」のWi-Fiルーターが性能が高いという結果になりました。

 

 

Wi-Fiルーターの仕様についてもっと詳しく知りたい方は、各メーカーのHPで該当の型番を検索していただければと思いますが、「GMOとくとくBB」のWi-Fiルーターのスペックが最も優れているということは誰が見ても一目瞭然ですよね!

 

ちなみに、「GMOとくとくBB」では2018年9月から【NEC製】のWi-Fiルーターも追加されており、【BUFFALO製】と【NEC製】の2機種から選べるようになっています。当然、新機種の【NEC製】も【BUFFALO製】同様、高性能Wi-Fiルーター(データ転送速度:最大1300Mbps)なので、v6プラスの高速通信を最大限に発揮できるスペックとなっています。

 

また、「GMOとくとくBB」のサイトでは、Wi-Fiルーターの設定方法について動画もアップされており、どなたでも簡単に接続設定ができるようになっています。他のプロバイダサイトでは、このようなWi-Fiルーターの設定動画はありませんでした。

 

ここまでご覧になっている方は、ドコモ光のプロバイダで私が「GMOとくとくBB」をオススメしている理由がご理解いただけたかと思いますが、実は「GMOとくとくBB」の凄さはまだ他にもあるんです!

 

「GMOとくとくBB」なら工事日までにWi-Fiルーターを発送してくれる!

ドコモ光を開通して、せっかくv6プラス対応のWi-Fiルーターが無料レンタルできるのに、もしルーターの発送が遅かったら、なんかちょっと損した気分になりますよね!

 

でも、「GMOとくとくBB」なら工事日までにWi-Fiルーターを発送してくれるので、開通したその日からすぐにv6プラス対応のWi-Fiルーターを利用できるんです!こんな対応をしてくれるのは「GMOとくとくBB」だけなので、まさにお客様目線でサービスを提供している素晴らしいプロバイダだと思います。

 

工事日前までに発送してもらうには、下記2つの条件を満たす必要があります。
┗(1)支払方法を「クレジットカード払い」にする
┗(2)工事日3日前までにWi-Fiルーターを申込む
※詳細は「GMOとくとくBB」のサイトをご確認ください。

 

ネットの速度が速くなかったらポイント還元してくれる!

 

 

「GMOとくとくBB」はサイト上でドコモ光の通信速度を公開しており、全国平均や各地域の実際の速度が確認できるようになっています。v6プラスを利用しているユーザーの速度データ(実測値)がWEBサイト上で公開(毎月更新)されているため、かなり信憑性のあるデータだと言えます。

 

サイト上に実際の通信速度を公開しているプロバイダなんて「GMOとくとくBB」以外ありません。また、GMOとくとくBBのドコモ光を利用して、もし、ご自宅のインターネット回線の速度が100Mbpsを下回った場合、所定の申請を行えば100円相当のGMOとくとくポイントが還元されます。もちろん対象条件はあるものの、毎月申請可能です。

 

ドコモ光の通信速度をサイト上で公開(毎月更新)万が一速くなかったらポイント還元など、速度に自信がある「GMOとくとくBB」だからこそできる、他プロバイダにはないサービスだと思います。と言うことで、ドコモ光のプロバイダ選びに迷っている方へ、私は「GMOとくとくBB」を強くオススメします。

GMOとくとくBB✕ドコモ光の2019年6月のキャンペーンも激アツ!

 

ドコモ光の公式キャンペーンは、どのプロバイダと契約しても共通ですが、プロバイダ独自のキャンペーンは当然異なります。そして、プロバイダ独自のキャンペーンもやはり「GMOとくとくBB」が一番お得なんです。

 

「GMOとくとくBB」以外の窓口やプロバイダのキャンペーンも気になる方は「ドコモ光のキャンペーン比較」ページで詳しく説明しておりますので、そちらをご覧ください。

 

ちなみに、GMOとくとくBBからドコモ光に申込むことで、ドコモ光の公式キャンペーンだけでなく、GMOとくとくBB独自のキャンペーンも適用されます。

 

それでは、今「GMOとくとくBB✕ドコモ光」に申込むとどんなキャンペーンが適用されるのか、「ドコモの公式キャンペーン」と「GMOとくとくBB独自のキャンペーン」に分けて、それぞれ見ていきましょう!

ドコモ光公式キャンペーン

ドコモ光dポイントプレゼント特典

 

今ドコモ光に新規で申込むとdポイントが10,000pt、転用(フレッツ光からの乗り換え)なら5,000ptもらえます。ちなみに、dポイントはドコモ光開通月の翌々月20日までに付与されます。

 

そしてご存知の方も多いと思いますが、このdポイントは街のコンビニやファーストフード店、デパートなどのリアル店舗だけでなく、ネットショッピングにも利用できる便利なポイントです。

 

GMOとくとくBB独自のキャンペーン

最大20,000円キャッシュバック!

 

GMOとくとくBBのドコモ光に申込むと、最大で15,000円のキャッシュバックがもらえます。

 

期間

特典金額

適用条件

契約体系

開通期限

2019/2/25~

20,000円

ドコモ光

ひかりTV for docomo

DAZN for docomo

申込~5ヶ月以内

18,000円

ドコモ光

ひかりTV for docomo

15,000円

ドコモ光

DAZN for docomo

5,500円

ドコモ光

 

キャッシュバックの適用条件やその他の注意事項等についてはGMOとくとくBBのサイトをご覧ください。

 

v6プラス対応 高性能Wi-Fiルーターのレンタルが無料!

 

上述した通り、GMOとくとくBBでは次世代高速通信のv6プラスに対応したWi-Fiルーターを無料で貸し出しています。

 

他社プロバイダよりもワンランク上の高性能なWi-Fiルーターを提供してくれるため、古いWi-Fiルーターを使っている方はもちろんですが、今後Wi-Fiルーターデビューする方も、ぜひこのキャンペーンを活用してみることをオススメします。

 

『ドコモ光専用訪問サポート』が無料!

 

GMOとくとくBBでドコモ光に申込むと訪問サポートも無料で受けることができます。無料のサポート内容は以下の通りです。

 

 

基本的なネット接続だけでなく、Wi-Fi設定やメール設定、映像サービスの設定まで無料で対応してくれるため、あまり設定に詳しくない方でも安心です。

 

セキュリティサービスが1年間無料!

 

インターネットを利用していく上で、当然ウイルス対策は必要になってきますが、GMOとくとくBBのドコモ光に申込むと、通常月額500円のセキュリティサービス(マカフィー® マルチアクセス)が1年間無料で利用できます。こちらのセキュリティサービスの説明は割愛しますので、詳細が気になる方はGMOとくとくBBのサイトにてご確認ください。

 

ウイルス対策ソフトについては、正直、プロバイダ指定のものを使う必要はありませんので、既にご自身で購入しているものがあったり、無料のものを使っている方は、それをそのまま利用すればいいと思います。

 

ちなみに、私はマイクロソフトが提供している無料の「Microsoft Security Essentials」というセキュリティソフトを利用しています。GMOとくとくBBのセキュリティサービスの無料期間が1年間じゃちょっと不安という方は、マイクロソフトの無料セキュリティもオススメです。

 

ドコモ光