インターネット契約 キャッシュバック

インターネットサービスを最もお得に契約する方法

プロバイダ乗り換えで月額料金が安くなる


皆さんもご存知の通り、フレッツ光を利用するにはNTTの回線以外に、どこかのプロバイダとも契約する必要があります。NTTの回線使用料金が「数千円」であるのに対し、プロバイダ料金は「数百円~千円ちょっと」なので、一見大した金額ではないようにみえますが、このプロバイダをどこにするかで月額料金は全く異なってきます。
フレッツ光ユーザーは、キャンペーン中に契約しトータルの割引率や特典などで判断し、プロバイダをそこまで意識せずに申し込んでいる方がほとんどですが、キャンペーンが終わった後、実は知らないうちに他の方よりも高いプロバイダ料金を毎月払っていたというケースも少なくありません。
たくさんのプロバイダが存在する中で、賢くプロバイダを選ぶ(乗り換える)ことにより、プロバイダ料金だけでも年間1万円近く安くなるという可能性もあるので、本ページのプロバイダ料金比較を参考に、あなたが契約しているプロバイダを見直すキッカケにしていただければと思います。

フレッツ光ユーザーのプロバイダ乗り換えがオススメな理由
  • 人によってはプロバイダを乗り換えるだけで年間1万円近く安くできるから
  • 回線自体はそのまま変わらず、切り替え工事も発生しないから
  • 乗り換え先のプロバイダによっては即日利用が可能で時間がかからないから
  • 回線乗り換えに比べて手続きが楽だから
  • 回線乗り換えと違って初期費用がかからないから


プロバイダ12社の料金比較

以下はフレッツ光でよく使われているプロバイダ12社の料金を比較しております。

ファミリータイプ(戸建て)の料金比較

プロバイダ

月額料金(税抜)

2年間の合計金額(税抜)

Yahoo! BB

1,200円

28,800円

BIGLOBE

1,200円

28,800円

hi-ho

1,200円

28,800円

OCN

1,100円

26,400円

@nifty

1,000円

24,000円

So-net

1,000円

24,000円

plala

1,000円

24,000円

DTI

951円

22,824円

WAKWAK

950円

22,800円

ASAHIネット

780円

18,720円

GMOとくとくBB

1ヶ月目:0円
2~24ヶ月目:490円
25カ月目以降:760円
※メールアドレスは15個まで無料

11,270円

BB.excite

メールアドレスなしの場合
1~6ヶ月目:300円
7カ月目以降:500円
※メールアドレスは1つにつき280円

10,800円(メールアドレスなし)
17,520円(メールアドレス1つ)


マンションタイプ(集合住宅)の料金比較

プロバイダ

月額料金(税抜)

2年間の合計金額(税抜)

Yahoo! BB

950円

22,800円

@nifty

950円

22,800円

BIGLOBE

900円

21,600円

OCN

900円

21,600円

So-net

900円

21,600円

hi-ho

890円

21,360円

plala

800円

19,200円

ASAHIネット

700円

16,800円

DTI

680円

16,320円

WAKWAK

600円

14,400円

GMOとくとくBB

1ヶ月目:0円
2~24ヶ月目:490円
25カ月目以降:530円
※メールアドレスは15個まで無料

11,270円

BB.excite

メールアドレスなしの場合
1~6ヶ月目:300円
7カ月目以降:500円
※メールアドレスは1つにつき280円

10,800円(メールアドレスなし)
17,520円(メールアドレス1つ)


当サイトがオススメする2社のプロバイダ

上記12社のプロバイダの中で当サイトがオススメするプロバイダは「BB.excite」「GMOとくとくBB」の2社です。
料金比較を見ればお分かりの通り、この2社が最もプロバイダ料金が安いです。キャンペーン期間中の料金が安いのはもちろんですが、ここで注目していただきたいのが、キャンペーン後の通常料金もこの2社が最も安いということです。フレッツ光を契約する際にプロバイダを意識せずに申し込んでしまった方は、キャンペーン終了後の通常料金を一つの基準として乗り換えを行うといいでしょう。

ではこのオススメ2社「BB.excite」「GMOとくとくBB」の詳細についてみていきましょう。

BB.exciteはプロバイダのメールアドレスが不要な方にオススメ!

BB.excite2
フリーメールを使っていて、プロバイダのメールアドレスは必要ないという方は、BB.exciteがオススメです。メールアドレスが付かない分、月額料金が一番安いプロバイダになります。2年間の合計金額はたったの10,800円で、最も高いプロバイダ28,800円と比べると18,000円も安く利用できます。
逆にメールアドレスを利用する場合は、1メールアドレスにつき280円/月と結構高いので、プロバイダのメールアドレスを利用したいという方にはオススメできません。

「BB.excite」の利用料金

BB.excite

月額料金(税抜)

2年間の合計金額(税抜)

ファミリータイプ

メールアドレスなしの場合
1~6ヶ月目:300円
7カ月目以降:500円
※メールアドレスは1つにつき280円

10,800円(メールアドレスなし)
17,520円(メールアドレス1つ)

マンションタイプ

メールアドレスなしの場合
1~6ヶ月目:300円
7カ月目以降:500円
※メールアドレスは1つにつき280円

10,800円(メールアドレスなし)
17,520円(メールアドレス1つ)


「BB.excite」のその他の特徴&注意事項
  • プロバイダの即日乗り換えが可能
  • プロバイダ乗り換えの手続きの流れは通常以下のようになっています。
    プロバイダ乗り換え手続きの流れ
    ※プロバイダによっては接続IDが発行されるまでに数日かかるところもありますが、「BB.excite」の場合はWEB申し込み後即発行されるため、その日の内に乗り換えが完了します。

  • お支払い方法はクレジットカードでのお支払いのみ
  • ※「BB.excite」のお支払い方法はクレジットカード払いのみとなります。クレジットカードをお持ちでない方は事前に作っておきましょう。ちなみに個人的にオススメなのは、年会費永年無料で最短即日発行できるEPOSカードです!

  • 最低利用期間は12ヶ月間
  • ※「BB.excite」に乗り換えた場合、キャンペーン適用の条件として最低12ヶ月間の利用が条件となっており、最低利用期間中の解約は解約事務手数料4,000円(税抜)が請求されるので注意しましょう。

 

 

スマートフォンからアクセスする場合は、表示モードをPCに切り替えた上で、電話ではなくWEBから申し込むようにしましょう。

GMOとくとくBBはプロバイダのメールアドレスを利用する方にオススメ!

GMOとくとくBB2
プロバイダのメールアドレスを利用したいという方にはGMOとくとくBBがオススメです。メールアドレスを1つでも利用する場合、一番安いプロバイダになります。2年間の合計金額はたったの11,270円で、最も高いプロバイダ28,800円と比べると17,530円も安く利用できます。
しかも、15個まで無料でメールアドレスが利用できるのはGMOとくとくBBだけ!ご家族で別々にメールアドレスを取得しても十分有り余ってしまいます。フリーメールだと何かのサービスに登録する際などに使用できないサイトもありますが、プロバイダのメールアドレスはフリーメールとは違い、信用性があるため、そのような心配はありません。いざという時にプロバイダのメールアドレスは有った方が便利なため、私個人的にはこのGMOとくとくBBが一番オススメです。

「GMOとくとくBB」の利用料金

GMOとくとくBB

月額料金(税抜)

2年間の合計金額(税抜)

ファミリータイプ

1ヶ月目:0円
2~24ヶ月目:490円
25カ月目以降:760円
※メールアドレスは15個まで無料

11,270円

マンションタイプ

1ヶ月目:0円
2~24ヶ月目:490円
25カ月目以降:530円
※メールアドレスは15個まで無料

11,270円


「GMOとくとくBB」のその他の特徴&注意事項
  • クレジットカード払いでプロバイダの即日乗り換えが可能
  • プロバイダ乗り換えの手続きの流れは通常以下のようになっています。
    プロバイダ乗り換え手続きの流れ
    ※プロバイダによっては接続IDが発行されるまでに数日かかるところもありますが、「GMOとくとくBB」ではお支払いにクレジットカード決済を選択することで、接続用IDがWEB申し込み後即発行されるため、その日の内に乗り換えが完了します。

  • お支払い方法は3種類から選べる
  • ※「GMOとくとくBB」のお支払い方法は「クレジットカード払い」「口座振替払い」「請求書払い」の3種類から選択できるため、クレジットカードをお持ちでない方でも利用できます。

  • 乗り換え初月の基本料金は無料
  • ※「GMOとくとくBB」の基本料金は1ヶ月目が無料となるため、乗り換え時にプロバイダ料金の二重請求を避けることができます。

  • 無料期間中の解約は違約金が発生する
  • ※あまりないとは思いますが、「GMOとくとくBB」に乗り換えて、もし無料期間中に解約してしまった場合は、キャンペーン違約金として1ヶ月分の利用料金が請求されます。

 

 

電話ではなくWEBから申し込むようにしましょう。

プロバイダ乗り換え時の注意事項

プロバイダの乗り換えを行う前に、まずは以下5点について確認しておきましょう!

  • プロバイダ乗り換えキャンペーンは新規申込者のみ対象

当サイトでオススメしている2社のプロバイダ乗り換え割り引きキャンペーンは、初めての方のみが受けられるキャンペーンですので、過去に乗り換え先のプロバイダで退会履歴がある方は対象外となります。

  • 現在利用中のプロバイダは解約が必要

プロバイダを乗り換える際、現在利用中のプロバイダは自動的に解約されることはありませんので、必ずご自身にて解約手続きを行いましょう。基本的にどのプロバイダも月単位で請求され、日割りで計算される事はありません。また、プロバイダによって解約方法や解約受付の締め日は異なります。契約プランによっては解約金が発生するケースもあるので、これらのことは事前に確認しておきましょう。

  • プロバイダ乗り換え後の差額は人によって全く異なる

本ページで記載している各プロバイダの料金はNTT東日本でフレッツ光を利用している場合の、通常料金になります。そのため、「NTT西日本にお住まいの方」「契約プラン」によっては若干記載金額と異なる場合があります。乗り換えを行う際には、「現在ご家庭で支払っているプロバイダ料金はいくらなのか」「割り引き適用中で安くなっていないか」など、事前に確認しておきましょう。

  • 乗り換え後は現在のプロバイダのメールアドレスは利用できない

プロバイダ乗り換え後、乗り換え前まで使っていたプロバイダのメールアドレスは、通常利用できなくなります。しかしお使いのプロバイダによっては乗り換え後も月額200円~400円ほどでメールアドレスを継続して使えるプランもあるので、どうしてもメールアドレスを変えたくないという方は、継続可能かどうか事前に確認しておくようにしましょう。

  • プロバイダ乗り換えのお申込は電話ではなく、WEBで申し込むようにしましょう。

プロバイダ乗り換え手続きの流れ
上の図(お手続きの流れ)にもあるように、オススメ2社のプロバイダはどちらも、WEB申し込み後、即接続用IDが発行されますので、プロバイダ乗り換えのお申し込みはWEBで行いましょう。


※その他、ご不明な点は各プロバイダのお申し込みサイトにてご確認ください。

 

おすすめプロバイダ申込窓口

BB.excite

GMOとくとくBB

 


NTTのフレッツ光ネクスト回線をご利用の方はこちらもオススメ!

フレッツ光ネクスト回線をご利用の方は、工事不要でプロバイダを「GMOとくとくBBのフレッツ光v6プラス」に変更するだけで回線速度を速くすることができます。

 

フレッツ光v6プラス

 

【なぜ工事をせず、プロバイダー変更だけで、回線速度が速くなるのですか?】

 

IPv4インターネット接続と接続方式が異なるからです。GMOとくとくBBの「フレッツ光v6プラス接続サービス」の場合、接続認証を通さない「IPoE方式」にて接続するため、従来PPPoE方式によるIPv4インターネット接続では200Mbpsに速度が限定されていたフレッツ光ネクストファミリー・ハイスピードタイプやフレッツ光ネクストマンション・ハイスピードタイプでも、最大1Gbpsの速度での接続が実現します。

 

引用元:フレッツ光v6プラス接続サービス

 

月額料金は戸建ても集合住宅も991円(プロバイダ料金:891円 + 無線LANルーター料金:100円)となっており、無線LANルーターは必ずセットで付いてきます。また、フレッツ光の回線利用料は別途NTTから請求されますので注意してくださいね。

 

「v6プラス」へ切り替えるにあたっての初期費用は一切発生せず、開通月は無料で利用できます。

 

その他、「v6プラス」を利用するまでの流れや注意事項等については以下詳細ページをご確認ください。

 

↓ ↓ ↓

 

【GMOとくとくBB】フレッツ光v6プラス接続サービス


ドコモユーザーなら、「v6プラス」が使えて、スマホ代も割引されるドコモ光がオススメ!

 

↓ ↓ ↓




 

フレッツ光ユーザー必見 プロバイダ乗り換え

フレッツ光から光コラボレーションへの転用で月額料金を下げる


フレッツ光の利用者に今最も人気があるのは、光コラボレーションへの転用です。光コラボレーションとは、NTT東日本、NTT西日本より光回線の提供を受けた事業者が「フレッツ光」の回線速度や信頼性をそのまま引き継ぎ、独自のサービスを追加提供することで、より便利なサービスを提供していくモデルのことです。そして「フレッツ光」を利用している方が「ひかり電話番号」や「お客さまID(契約ID)」はそのままで、光コラボレーション事業者が提供するサービスに切り替えることを転用といいます。切り替えると言っても回線自体はそのまま利用することができるため、新たに工事を行う必要がありません。また、回線をそのまま使えるということは当然品質も変わりませんし、その上で月額料金を安くできるため、光コラボレーションへの転用はかなりおいしいと言えます。

光コラボへ転用するといくら安くなるの?

フレッツ光の利用者が光コラボレーションへ転用した場合、月額料金は一体いくら安くなるのでしょうか?結論から言うと、一概には何とも言えません。その理由としては、現在の利用プラン、割引状況、光コラボレーション事業者の選択等の関係で全く異なってくるからです。特に、転用を行う際に、どの事業者から申し込むかによって、割引率や特典は大きく変わってきます。光コラボの事業者を賢く選ぶことで、毎月1,000円~2,000円程安くなるケースもあるため、まずは、フレッツ光で現在いくら支払っているのかご家庭の状況をしっかりと把握した上で、どの事業者から光コラボを申し込めばお得なのかを見極めて、転用を行うようにしましょう!

光コラボレーションへの転用の手順

フレッツ光から光コラボレーションへ転用する際の手順については、各代理店サイトにも詳しく記載されていますが、基本的には以下のような【2ステップ】で完了します。

 

① NTTに電話かWEBで転用の手続きを行い、「転用承諾番号」を取得する

既に「転用承諾番号」を取得している方は、そのままお好きな光コラボ事業者にて転用のお申し込みが可能ですが、まだ「転用承諾番号」を取得していない方は最初にこちらを済ませる必要があります。そして本ページでは転用でお得なキャンペーンを行っている光コラボ事業者をランキング形式で紹介しているので、「転用承諾番号」の取得が完了したら、本ページのランキングを参考にお好きな事業者から光コラボをお申込みいただければと思います。

 

「転用承諾番号」はNTTの公式サイトから取得することができますが、お手続きには以下を準備する必要がありますので、事前に確認しておきましょう。

 

① 契約ID(お客さまID)、ひかり電話番号または契約者の連絡先電話番号
② 契約者名
③ 利用場所住所
④ 支払方法

 

※お客さまID等の情報はフレッツ光開通時にNTTから送付されてきた「開通のご案内」または「お申し込み内容のご案内」に記載されています。支払方法については、NTTからの請求書やクレジットカード明細等で確認しましょう。その他お手続きでご不明な点はNTTの公式サイトに詳しくご案内が記載されているので、そちらをご確認ください。

 

NTT西日本

NTT東日本

電話 0120-553-104
受付時間:9:00 ~ 17:00
(土日祝日も受付。※年末年始は除く)
0120-140-202
受付時間:9:00 ~ 17:00
(土日祝日も受付。※年末年始は除く)
WEB NTT西日本 フレッツ公式ホームページ
受付時間:7:00 ~ 25:00
(土日祝日も受付。※年末年始は除く)
NTT東日本 フレッツ公式ホームページ
受付時間:8:30 ~ 22:00
(土日祝日も受付。※年末年始は除く)


※転用承諾番号の有効期間は、15日間です。有効期間内に転用のお申込みを行いましょう!

② ご希望の光コラボ事業者で転用のお申し込みをする

「転用承諾番号」が取得できたら、いよいよお好きな光コラボ事業者で転用の申込みが可能となります。本ページでは転用のキャンペーンが充実している5社の光コラボ事業者をご紹介しておりますので、こちらからご確認ください!
※転用のお申し込みは、電話でもできますが、履歴を残すという意味でも、後からお申し込み内容を確認できるWEBからのお申し込みを推奨しています。

光コラボレーションへの転用Q&A

転用の場合、本当に工事は不要なのか?
転用の場合、基本的には工事不要ですが、回線タイプの変更や移転を伴う場合等は別途工事が発生する事があります。
転用までにかかる日数は?
転用承諾番号取得後、光コラボ事業者に転用を申し込んでから約10日前後(工事不要)で完了します。
今使っているプロバイダの解約は必要か?
転用後にプロバイダが変わる場合は、現在ご利用中のプロバイダを解約する必要があります。インターネットが使えなくなる期間が生じないようにするためにも、転用完了後に解約することを推奨します。
フレッツ光回線の解約は必要か?
いきなりフレッツ光の解約をする必要はありません。転用をする場合、まずはNTTに電話をするか、もしくはNTTの公式サイトから「転用承諾番号」を取得して、取得完了後は光コラボ事業者へ転用のお申込をしてください。光コラボ事業者への「転用」が正常に行われた場合において、 「フレッツ光」はそのまま解約されます。転用の手順はこちら
転用するにあたり今利用中のフレッツ光やプロバイダにて解約金は発生するか?
フレッツ光について、NTTの「にねん割」や「光もっと割」等の割引サービスを利用中で、転用を申し込んだ場合、光コラボレーションの利用開始に伴い割引サービスは解約となりますが、解約金はかかりません。
プロバイダについては契約内容(ご利用期間)によっては解約金が発生する場合がありますので、事前に契約内容を確認しておきましょう!
転用後にプロバイダが変われば現在のメールアドレスは使えなくなるのか?
現在、プロバイダから提供されているメールアドレスを利用している場合は、基本的に転用後は使えなくなりますが、プロバイダによっては月額200円~400円ほどのメールコースに変更することでメールアドレスを引き続き利用することができます。詳しくはご利用中のプロバイダに確認してみてください。
「@yahoo.co.jp」や「@gmail.com」等、フリーメールを利用している方は、転用後もそのまま利用できます。


※その他、ご不明な点は各光コラボ事業者のサイトにてご確認ください。

光コラボレーションへの転用はどこが一番お得なのか?5社を比較

上述した通り、どの窓口(代理店)から光コラボの転用を申し込むかで、特典内容や月額料金は全く異なります。下の表は2018年8月時点での光コラボレーション事業者5社3年間の実質負担額が安い順にランク付けした簡易ランキングですが、1位と5位では、3年間の出費で約30,000円も差がでてきます。当然、何をもってお得と言うかは人それぞれ異なりますが、とにかく安い業者で契約したいという方は、そのままランキングの順位を参考にしてみてください。

 

※ドコモユーザーはドコモユーザー限定のGMOとくとくBBのドコモ光がオススメ!

戸建て光コラボ最安ランキング

ランキング

プロバイダー

3年間の実質負担額

こんな方にオススメ!

1位

楽天コミュニケーションズ光

148,600円

楽天会員

2位

ビッグローブ光

172,280円

auユーザー

3位

OCN光

176,600円

全員

4位

SoftBank光

177,200円

ソフトバンクユーザー

5位

@nifty光

179,200円

auユーザー

 

3年間の実質負担額が高いのか安いのかピンとこない方は、例えば、ネット代月額5,000円で3年間使った場合を考えてみると分かりやすいかと思います。この場合、3年間の実質負担額は180,000円となります。
例:5,000円×3年(36ヵ月)=180,000円

集合住宅光コラボ最安ランキング

ランキング

プロバイダー

3年間の実質負担額

こんな方にオススメ!

1位

楽天コミュニケーションズ光

115,600円

楽天会員

2位

OCN光

122,600円

全員

3位

SoftBank光

126,800円

ソフトバンクユーザー

4位

@nifty光

135,280円

auユーザー

5位

ビッグローブ光

136,280円

auユーザー

 

3年間の実質負担額が高いのか安いのかピンとこない方は、例えば、ネット代月額4,000円で3年間使った場合を考えてみると分かりやすいかと思います。この場合、3年間の実質負担額は144,000円となります。
例:4,000円×3年(36ヵ月)=144,000円

 

ちなみに「3年間の実質負担額」は次のように計算しています。

 

「月額料金✕3年間分」+「契約事務手数料」-「キャッシュバック」
※「月額料金✕3年間分」は利用開始月(開通月)を除いた、1~36ヶ月間の合計金額となります。
※「キャッシュバック」は現金だけでなく、ポイント還元も含みます。

 

それでは、2018年8月現在における光コラボレーション(転用)の最安ランキングの詳細を戸建て集合住宅に分けて紹介していきたいと思います。

 

※各代理店のサイトでは、お申し込みの種類が「新規」「転用」の2種類あります。本ページでは現在フレッツ光を利用している方を対象にご案内しているため、「転用」から申込むようにしましょう。

(転用)戸建て光コラボレーション最安ランキング

楽天コミュニケーションズ光(戸建て) 楽天会員にオススメ!

■3年間の実質負担額148,600円

■5,000円のキャッシュバックあり

■有料オプション加入一切なし

■キャッシュバック還元率100%

楽天コミュニケーションズ光は3年型自動更新となっており、契約更新月以外に解約した場合の違約金は9,500円となっています。

キャッシュバック

還元時期

手続き方法

契約事務手数料

5,000円

2ヶ月後

かんたん申請

1,800円

契約プラン

月額料金

回線工事費

3年間自動更新

0円(1~3ヵ月目)
4,800円(4ヵ月目~)

工事不要

光コラボレーションはNTTのフレッツ光回線を借りて各プロバイダーが提供しているため、基本的にはどこで契約しても通信速度は変わりません。そのため特にこだわりのプロバイダー等ない方は、実質負担額が最も安い楽天コミュニケーションズ光がオススメです。

 

キャッシュバックを行っている代理店は一般的に、還元までに1年程待たなければいけなかったり、特典を受けるための申請書類を送付しなければいけない等手続きが面倒だったりして、結局貰えないというケースも少なくないですが、こちらの代理店は申請方法がとてもシンプルで、Webで申込んで折り返しの連絡がかかってきた際に、電話で振込先の口座番号を伝えるだけで完了します。そのため申請忘れの心配がありません。また、キャッシュバックは開通してから最短2ヵ月後に現金振込。と非常にスピーディーに対応してくれるため、特典の還元率は100%の優良代理店なのです。

 

インターネットを契約する際、通信費やキャッシュバックの他に気になるのが解約金ですが、今はどのプロバイダーも2年~3年の最低利用期間が設定されており、契約更新月以外のタイミングで解約した場合は違約金が発生します。他社では3年縛りで解約金が2万~3万ほどかかるケースもありますが、楽天コミュニケーションズ光は3年縛りで解約金が9,500円と最も安く設定されているため、万が一解約金が発生したとしても他社より少ない出費で済むので安心です。

 

楽天コミュニケーションズ光では現在、開通月を含む最大4カ月間は月額基本料金が無料になるキャンペーンを行っています。

 

また、楽天会員には嬉しい楽天スーパーポイント毎月200ポイント付与という特典もあります。(無料期間中は楽天スーパーポイントは付与されません。無料期間終了後、料金が発生した月から200ポイントが付与されます。)楽天スーパーポイントは、1ポイント1円として、「楽天市場」「楽天トラベル」「楽天ブックス」など楽天のさまざまなサービスで利用することができます。

 

※代理店サイト内には【キャッシュバック15,000円や12,000円】などの記載がありますが、このページではフレッツ光から光コラボへ転用される方を対象にご案内しておりますので、特典は【キャッシュバック5,000円】のみとなります。ただし、キャッシュバック5,000円が適用されるのは現在プロバイダーでSANNETを利用していない方のみであり、SANNET利用者は対象外となりますので注意しましょう。

 

 

※お申込みの際の申し込み区分は「転用」を選択するようにしましょう。

 

ビッグローブ光(戸建て) auユーザーにオススメ!

■3年間の実質負担額172,280円

■10,000円の高額キャッシュバック

■有料オプション加入一切なし

■キャッシュバック還元率100%

ビッグローブ光は3年型自動更新となっており、契約更新月以外に解約した場合の違約金は20,000円となっています。

キャッシュバック

還元時期

手続き方法

契約事務手数料

10,000円

2ヶ月後

かんたん申請

3,000円

契約プラン

月額料金

回線工事費

auセット割

3年間自動更新

4,980円

工事不要

◯ 適用あり

インターネット業界大手のビッグローブ株式会社が提供する光コラボレーション「ビッグローブ光」も、3年間の実質負担額は比較的少なく、多くの方から選ばれている人気のサービスです。しかもauユーザー(auのスマートフォン/タブレット/ケータイ等の利用者)であれば、ビッグローブ光を契約しauスマートバリューが適用されることで、au携帯電話のご利用料金が毎月最大2,000円割引きになるため、よりお得に利用できます。auスマートバリューの適用方法など詳しくは、後ほど紹介している代理店サイトにてご確認ください。

 

こちらの代理店もキャッシュバックの還元率は100%の優良代理店で、利用開始月から最短2ヶ月後には1万円をキャッシュバックしてくれます。また、有料オプションへの加入も必要なく、キャッシュバックの申請方法もweb申込後折り返しの電話がかかってきた際に、担当者に電話でキャッシュバックの振込口座番号を伝えるだけで完了します。

 

ビッグローブ光は最低利用期間が3年間と長く、契約更新月以外に解約した場合の違約金が20,000円と少々高いのがデメリットとなっています。

 

※代理店サイト内には【キャッシュバック25,000円】や【キャッシュバック10,000円+IPv6対応ハイグレード高速無線ルーター】などの記載がありますが、このページではフレッツ光から光コラボへ転用される方を対象にご案内しておりますので、特典は【キャッシュバック10,000円】のみとなります。ただし、キャッシュバック10,000円が適用されるのは現在ビッグローブを利用していない方のみであり、ビッグローブ利用者は対象外となりますので注意しましょう。

 

 

※お申込みの際の申し込み区分は「転用」を選択するようにしましょう。

OCN光(戸建て)

■3年間の実質負担額176,600円

■10,000円のキャッシュバック

■有料オプション加入一切なし

■キャッシュバック還元率100%

OCN光は2年型自動更新となっており、契約更新月以外に解約した場合の違約金は11,000円と比較的安く設定されています。

キャッシュバック

還元時期

手続き方法

契約事務手数料

10,000円

2ヶ月後

かんたん申請

3,000円

契約プラン

月額料金

回線工事費

2年間自動更新

5,100円

工事不要

OCN光の代理店も利用開始月から最短2ヶ月で1万円をキャッシュバックしてくれます。ただし、キャッシュバック1万円が適用されるのは現在OCNを利用していない方のみであり、OCN利用者は対象外となりますので注意しましょう。

 

こちらの代理店についてもキャッシュバックの申請は、web申込後に折り返しの電話がかかってくるので、その時に電話で担当者にキャッシュバックを振り込んでもらう口座番号を伝えるだけで完了します。しかも、担当者の方から特典の受け取り口座番号を聞いてきてくれるので、申請忘れや貰い忘れの心配がありません。また、有料オプションへの加入も不要でキャッシュバックを受け取ることができるため、安心して申込める優良な代理店です。

 

光コラボレーションの最低利用期間は一般的に2年または3年で設定されていることが多く、契約更新月以外に解約した場合は2万円ほどの解約違約金が発生するところもありますが、OCN光は最低利用期間が2年で違約金が11,000円なので、万が一違約金が発生しても比較的安くで解約することができます。

 

 

※お申込みの際の申し込み区分は「転用」を選択するようにしましょう。

SoftBank光(戸建て) ソフトバンクユーザーにオススメ!

■3年間の実質負担額177,200円

■13,000円のキャッシュバックあり

■有料オプション加入一切なし

■キャッシュバック還元率100%

SoftBank光は2年型自動更新となっており、契約更新月以外に解約した場合の違約金は9,500円と最も安く設定されています。

キャッシュバック

還元時期

手続き方法

契約事務手数料

13,000円

2ヶ月後

かんたん申請

3,000円

契約プラン

月額料金

回線工事費

2年間自動更新

5,200円

工事不要

戸建ての場合、SoftBank光の3年間の実質負担額は4位となってしまいますが、ソフトバンクの携帯電話やスマートフォンを利用している方であれば、SoftBank光とのセット割り【おうち割 光セット】もあるため、携帯代が毎月最大2,000円割引される可能性も出てきます。この【おうち割 光セット】が適用される事によって、通信費の負担を3年間で最大72,000円下げることができるため、ソフトバンクユーザーは他社の光コラボを契約するよりも断然お得になります。しかも、おうち割はソフトバンクの携帯/スマホを利用している家族全員に適用可能なため、仮に家族4人がソフトバンクユーザーであれば、4台×最大2,000円=毎月最大8,000円が割引される計算になります。したがって、ソフトバンク端末の保有率が高いご家庭ほど、SoftBank光にすべき。ということが言えます。

 

こちらの代理店もキャッシュバック還元率100%で、ソフトバンク株式会社から表彰されるほどの実績を持つ企業のため、安心して申し込める代理店となっています。キャッシュバックの申請方法は他社のような面倒な手続きは必要なく、Web申込後折り返しの電話がかかってきた際に、担当者に口座番号を伝えるだけ。と至ってシンプルで、開通から最短2ヶ月後には指定の口座に現金振込してくれます。キャッシュバックを受け取る為に1年近く待つ必要もなく、電話で申請が完了するため、申請忘れや貰い忘れの心配がありません。また、余計な有料オプションに加入する必要もないため、多くの方がこちらの代理店経由でSoftBank光を契約しています。

 

※代理店サイト内にはキャッシュバック25,000円や30,000円等の記載がありますが、このページではフレッツ光から光コラボへ転用される方を対象にご案内しておりますので、キャッシュバックは13,000円のみとなります。また、【期間限定の2,000円増額】も適用されません。そして、キャッシュバック13,000円が適用されるのは現在プロバイダでYAHOO.BBを利用していない方のみであり、YAHOO.BB利用者は対象外となりますので注意しましょう。

 

 

※お申込みの際の申し込み区分は「転用」を選択するようにしましょう。

@nifty光(戸建て) auユーザーにオススメ!

■3年間の実質負担額179,200円

■10,000円のキャッシュバックあり

■有料オプション加入一切なし

■キャッシュバック還元率100%

@nifty光は2年型自動更新となっており、契約更新月以外に解約した場合の違約金は9,500円となっています。

キャッシュバック

還元時期

手続き方法

契約事務手数料

10,000円

2ヶ月後

かんたん申請

2,000円

契約プラン

月額料金

回線工事費

auセット割

2年間自動更新

5,200円

工事不要

◯ 適用あり

@nifty光の代理店もキャッシュバックの申請方法は、WEB申込後、折り返しの連絡がきた際に電話口で担当者に振込口座を伝えるだけの簡単な手続きとなっており、100%キャッシュバックを受け取ることができます。そして、キャッシュバックは開通から最短2ヶ月後に振り込まれます。また、最低利用期間は24ヶ月間で、契約更新月以外に解約した場合の違約金は9,500円と、他社と比べて最も安くなっています。

 

auユーザーであれば、「auスマートバリュー」の適用でスマホ利用料金が毎月最大2,000円割引きになるため、大変お得です。「auスマートバリュー」の適用条件や手続方法については、下記代理店サイトにてご確認ください。

 

※代理店サイト内にはキャッシュバック20,000円の記載がありますが、このページではフレッツ光から光コラボへ転用される方を対象にご案内しておりますので、キャッシュバックは10,000円となります。

 

 

※お申込みの際の申し込み区分は「転用」を選択するようにしましょう。


(転用)集合住宅光コラボレーション最安ランキング

楽天コミュニケーションズ光(集合住宅) 楽天会員にオススメ!

■3年間の実質負担額115,600円

■5,000円のキャッシュバックあり

■有料オプション加入一切なし

■キャッシュバック還元率100%

楽天コミュニケーションズ光は3年型自動更新となっており、契約更新月以外に解約した場合の違約金は9,500円となっています。

キャッシュバック

還元時期

手続き方法

契約事務手数料

5,000円

2ヶ月後

かんたん申請

1,800円

契約プラン

月額料金

回線工事費

3年間自動更新

0円(1~3ヵ月目)
3,800円(4ヵ月目~)

工事不要

光コラボレーションはNTTのフレッツ光回線を借りて各プロバイダーが提供しているため、基本的にはどこで契約しても通信速度は変わりません。そのため特にこだわりのプロバイダー等ない方は、実質負担額が最も安い楽天コミュニケーションズ光がオススメです。

 

キャッシュバックを行っている代理店は一般的に、還元までに1年程待たなければいけなかったり、特典を受けるための申請書類を送付しなければいけない等手続きが面倒だったりして、結局貰えないというケースも少なくないですが、こちらの代理店は申請方法はとてもシンプルで、Webで申込んで折り返しの連絡がかかってきた際に、電話で振込先の口座番号を伝えるだけで完了します。そのため申請忘れの心配がありません。また、キャッシュバックは開通してから最短2ヵ月後に現金振込。と非常にスピーディーに対応してくれるため、特典の還元率は100%の優良代理店なのです。

 

インターネットを契約する際、通信費やキャッシュバックの他に気になるのが解約金ですが、今はどのプロバイダーも2年~3年の最低利用期間が設定されており、契約更新月以外のタイミングで解約した場合は違約金が発生します。他社では3年縛りで解約金が2万~3万ほどかかるケースもありますが、楽天コミュニケーションズ光は3年縛りで解約金が9,500円と最も安く設定されているため、万が一解約金が発生したとしても他社より少ない出費で済むので安心です。

 

楽天コミュニケーションズ光では現在、開通月を含む最大4カ月間は月額基本料金が無料になるキャンペーンを行っています。

 

また、楽天会員には嬉しい楽天スーパーポイント毎月200ポイント付与という特典もあります。(無料期間中は楽天スーパーポイントは付与されません。無料期間終了後、料金が発生した月から200ポイントが付与されます。)楽天スーパーポイントは、1ポイント1円として、「楽天市場」「楽天トラベル」「楽天ブックス」など楽天のさまざまなサービスで利用することができます。

 

※代理店サイト内には【キャッシュバック15,000円や12,000円】などの記載がありますが、このページではフレッツ光から光コラボへ転用される方を対象にご案内しておりますので、特典は【キャッシュバック5,000円】のみとなります。ただし、キャッシュバック5,000円が適用されるのは現在プロバイダーでSANNETを利用していない方のみであり、SANNET利用者は対象外となりますので注意しましょう。

 

 

※お申込みの際の申し込み区分は「転用」を選択するようにしましょう。

OCN光(集合住宅)

■3年間の実質負担額122,600円

■10,000円のキャッシュバック

■有料オプション加入一切なし

■キャッシュバック還元率100%

OCN光は2年型自動更新となっており、契約更新月以外に解約した場合の違約金は11,000円と比較的安く設定されています。

キャッシュバック

還元時期

手続き方法

契約事務手数料

10,000円

2ヶ月後

かんたん申請

3,000円

契約プラン

月額料金

回線工事費

2年間自動更新

3,600円

工事不要

OCN光の代理店も利用開始月から最短2ヶ月で1万円をキャッシュバックしてくれます。ただし、キャッシュバック1万円が適用されるのは現在OCNを利用していない方のみであり、OCN利用者は対象外となりますので注意しましょう。

 

通常、キャッシュバックと聞くと申請手続きが面倒だったり、有料のオプションに加入しなければいけないというイメージがありますが、こちらの代理店も一切そのような必要はありません。申請については、web申込後に折り返しの電話がかかってくるので、その時に電話で担当者にキャッシュバックを振り込んでもらう口座番号を伝えるだけで完了します。しかも、担当者の方から特典の受け取り口座番号を聞いてきてくれるので、申請忘れや貰い忘れの心配がありません。また、有料オプションへの加入も不要でキャッシュバックを受け取ることができるため、安心して申込める優良代理店なのです。

 

光コラボレーションの最低利用期間は一般的に2年または3年で設定されていることが多く、契約更新月以外に解約した場合は2万円ほどの解約違約金が発生するところもありますが、OCN光は最低利用期間が2年で違約金が11,000円なので、万が一違約金が発生しても比較的安くで解約することができます。

 

 

※お申込みの際の申し込み区分は「転用」を選択するようにしましょう。

SoftBank光(集合住宅) ソフトバンクユーザーにおすすめ!

■3年間の実質負担額126,800円

■13,000円のキャッシュバックあり

■有料オプション加入一切なし

■キャッシュバック還元率100%

SoftBank光は2年型自動更新となっており、契約更新月以外に解約した場合の違約金は9,500円と比較的安く設定されています。

キャッシュバック

還元時期

手続き方法

契約事務手数料

13,000円

2ヶ月後

かんたん申請

3,000円

契約プラン

月額料金

回線工事費

2年間自動更新

3,800円

工事不要

集合住宅の場合、SoftBank光の3年間の実質負担額はOCN光の次に安いため、こちらも転用先としてよく選ばれています。また、ソフトバンクの携帯電話やスマートフォンを利用している方であれば、SoftBank光とのセット割り【おうち割 光セット】もあるため、携帯代が毎月最大2,000円割引される可能性も出てきます。この【おうち割 光セット】が適用される事によって、通信費の負担はグ~ンと下がるため、ソフトバンクユーザーはランキング2位のOCN光を契約するよりも断然お得になります。しかも、おうち割はソフトバンクの携帯/スマホを利用している家族全員に適用可能なため、仮に家族4人がソフトバンクユーザーであれば、4台×最大2,000円=毎月最大8,000円が割引される計算になります。したがって、ソフトバンク端末の保有率が高いご家庭ほど、SoftBank光にすべき。ということが言えます。

 

こちらの代理店もキャッシュバック還元率100%で、ソフトバンク株式会社から表彰されるほどの実績を持つ企業のため、安心して申し込める代理店となっています。キャッシュバックの申請方法は他社のような面倒な手続きは必要なく、Web申込後折り返しの電話がかかってきた際に、担当者に口座番号を伝えるだけ。と至ってシンプルで、開通から最短2ヶ月後には指定の口座に現金振込してくれます。キャッシュバックを受け取る為に1年近く待つ必要もなく、電話で申請が完了するため、申請忘れや貰い忘れの心配がありません。また、余計な有料オプションに加入する必要もないため、多くの方がこちらの代理店経由でSoftBank光を契約しています。

 

※代理店サイト内にはキャッシュバック25,000円や30,000円等の記載がありますが、このページではフレッツ光から光コラボへ転用される方を対象にご案内しておりますので、キャッシュバックは13,000円となります。また、【期間限定の2,000円増額】も適用されません。そして、キャッシュバック13,000円が適用されるのは現在プロバイダでYAHOO.BBを利用していない方のみであり、YAHOO.BB利用者は対象外となりますので注意しましょう。

 

 

※お申込みの際の申し込み区分は「転用」を選択するようにしましょう。

@nifty光(集合住宅) auユーザーに一番オススメ!

■3年間の実質負担額135,280円

■10,000円のキャッシュバックあり

■有料オプション加入一切なし

■キャッシュバック還元率100%

@nifty光は2年型自動更新となっており、契約更新月以外に解約した場合の違約金は9,500円と最も安く設定されています。

キャッシュバック

還元時期

手続き方法

契約事務手数料

10,000円

2ヶ月後

かんたん申請

2,000円

契約プラン

月額料金

回線工事費

auセット割

2年間自動更新

3,980円

工事不要

◯ 適用あり

@nifty光の代理店もキャッシュバックの申請方法は、WEB申込後、折り返しの連絡がきた際に電話口で担当者に振込口座を伝えるだけの簡単な手続きとなっており、100%キャッシュバックを受け取ることができます。そして、キャッシュバックは開通から最短2ヶ月後に振り込まれます。また、最低利用期間は24ヶ月間で、契約更新月以外に解約した場合の違約金は9,500円と、他社と比べて最も安くなっています。

 

auユーザーであれば、「auスマートバリュー」の適用でスマホ利用料金が毎月最大2,000円割引きになるため、大変お得です。「auスマートバリュー」の適用条件や手続方法については、下記代理店サイトにてご確認ください。

 

※代理店サイト内にはキャッシュバック20,000円の記載がありますが、このページではフレッツ光から光コラボへ転用される方を対象にご案内しておりますので、キャッシュバックは10,000円となります。

 

 

※お申込みの際の申し込み区分は「転用」を選択するようにしましょう。

 

ビッグローブ光(集合住宅) auのユーザーにオススメ!

■3年間の実質負担額136,280円

■10,000円の高額キャッシュバック

■有料オプション加入一切なし

■キャッシュバック還元率100%

ビッグローブ光は3年型自動更新となっており、契約更新月以外に解約した場合の違約金は20,000円となっています。

キャッシュバック

還元時期

手続き方法

契約事務手数料

10,000円

2ヶ月後

かんたん申請

3,000円

契約プラン

月額料金

回線工事費

auセット割

3年間自動更新

3,980円

工事不要

◯ 適用あり

こちらの代理店もキャッシュバックの還元率は100%の優良代理店で、利用開始月から最短2ヶ月後には1万円をキャッシュバックしてくれます。また、有料オプションへの加入も必要なく、キャッシュバックの申請方法もweb申込後折り返しの電話がかかってきた際に、担当者に電話でキャッシュバックを受け取る口座番号を伝えるだけで完了します。

 

さらにauユーザー(auのスマートフォン/タブレット/ケータイ等の利用者)であれば、ビッグローブ光を契約しauスマートバリューが適用されることで、au携帯電話のご利用料金が毎月最大2,000円割引きになるため、よりお得に利用できます。auスマートバリューの適用方法など詳しくは、後ほど紹介している代理店サイトにてご確認ください。

 

※代理店サイト内には【キャッシュバック25,000円】や【キャッシュバック10,000円+IPv6対応ハイグレード高速無線ルーター】などの記載がありますが、このページではフレッツ光から光コラボへ転用される方を対象にご案内しておりますので、特典は【キャッシュバック10,000円】のみとなります。ただし、キャッシュバック10,000円が適用されるのは現在ビッグローブを利用していない方のみであり、ビッグローブ利用者は対象外となりますので注意しましょう。

 

 

※お申込みの際の申し込み区分は「転用」を選択するようにしましょう。


NTTのフレッツ光ネクスト回線をご利用の方はこちらもオススメ!

フレッツ光ネクスト回線をご利用の方は、工事不要でプロバイダを「GMOとくとくBBのフレッツ光v6プラス」に変更するだけで回線速度を速くすることができます。

 

フレッツ光v6プラス

 

【なぜ工事をせず、プロバイダー変更だけで、回線速度が速くなるのですか?】

 

IPv4インターネット接続と接続方式が異なるからです。GMOとくとくBBの「フレッツ光v6プラス接続サービス」の場合、接続認証を通さない「IPoE方式」にて接続するため、従来PPPoE方式によるIPv4インターネット接続では200Mbpsに速度が限定されていたフレッツ光ネクストファミリー・ハイスピードタイプやフレッツ光ネクストマンション・ハイスピードタイプでも、最大1Gbpsの速度での接続が実現します。

 

引用元:フレッツ光v6プラス接続サービス

 

月額料金は戸建ても集合住宅も991円(プロバイダ料金:891円 + 無線LANルーター料金:100円)となっており、無線LANルーターは必ずセットで付いてきます。また、フレッツ光の回線利用料は別途NTTから請求されますので注意してくださいね。

 

「v6プラス」へ切り替えるにあたっての初期費用は一切発生せず、開通月は無料で利用できます。

 

その他、「v6プラス」を利用するまでの流れや注意事項等については以下詳細ページをご確認ください。

 

↓ ↓ ↓

 

【GMOとくとくBB】フレッツ光v6プラス接続サービス

ドコモユーザーなら、「v6プラス」が使えて、スマホ代も割引されるドコモ光がオススメ!

 

↓ ↓ ↓




 

フレッツ光ユーザー必見 光コラボレーションへの転用