NURO光 キャンペーン 比較 解説

インターネットサービスを最もお得に契約する方法

NURO光を分かりやすく解説

本ページではNURO光について分かりやすく解説しておりますので、乗り換えをご検討の方は是非参考にしてみてください。

 

NURO光は、NTT東日本の光ファイバー回線(ダークファイバー)を利用したインターネットサービスです。インターネット網から利用者のお宅までSo-netがワンストップでサービスを提供しており、個人宅向け商用FTTHサービスとして、下り最大2Gbpsの超高速回線を実現しております。

 

サービス提供エリアはこれまで、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県で、関東地区限定でしたが、2018年1月下旬より順次、東海・関西エリアでもサービス提供が開始されることになりました。東海・関西エリアの申込受付は2017年11月20日より開始しており、【東海】 愛知県、静岡県、岐阜県、三重県、【関西】 大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県が今回拡大された提供エリアとなっています。

NURO光の基本料金プラン

NURO光で戸建て・7階建て以下の集合住宅のサービスには「NURO 光G2V」「NURO 光G2」の2つのプランが存在します。

 

そしてNURO光の公式キャンペーンや多くの代理店が行っているキャッシュバックキャンペーンの適用には「NURO 光G2V」のプランに申し込むことが条件となっています。

2つのプランの特徴

プラン

NURO 光G2V

NURO 光G2

月額基本料金

4,743円(税抜)

7,124円(税抜)

契約期間

2年間の継続契約

なし

契約解除料

9,500円

0円

キャンペーン

あり

なし

 

「NURO 光G2V」プランは月額料金が安く、公式キャンペーンや代理店で申し込んだ場合は代理店のキャッシュバックキャンペーン等も適用されるため、お得ですが、2年間の縛りが設けられており、2年以内に解約すると契約解除料が発生します。

 

「NURO 光G2」プランは契約期間に縛りがなく、いつ解約しても契約解除料は発生しませんが、月額基本料金が高く、キャンペーンの適用もないため、あまりお得ではありません。

 

このようにNURO光には2つのプランがありますが、最初から2年以内に解約するつもりでわざわざ申し込む方はあまりいないので、基本的にはキャンペーンが適用される「NURO 光G2V」プランに申し込む方が多いようです。

 

NURO光申し込みのオススメ窓口ランキングはこちら

 


NURO光で使えるセキュリティサービス「カスペルスキー」

So-netのオプションサービスに「カスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティ」というセキュリティソフトがあります。これは通常、月額利用料金が500円(税抜)かかるのですが、NURO光の加入者は無料で利用できます。

 

「カスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティ」とはWindowsやMacやAndroid等のOSに対応しているセキュリティ製品で、最大5台までの機器にインストールが可能となっています。

カスペルスキーをインストールする前に注意すべきこと

カスペルスキーと別のセキュリティソフトが同一のパソコン上で混在すると、インターネット接続ができなくなる事象が確認されています。

 

その為、カスペルスキーをインストールしようと思っているパソコンで、既に別のセキュリティサービスを使用している場合は、先にそちらをアンインストールしましょう。

 

セキュリティのアンインストール方法や手順については、ご利用中のパソコンのOSやセキュリティ製品の種類によって異なりますので、詳しくはお使いのセキュリティ製品の取扱説明書やヘルプページ等をご確認ください。

 

基本的に同一端末に複数のセキュリティソフトを併用することは、お互いが干渉しあい、トラブルの原因になってしまいますので、注意しましょう。

 

カスペルスキーのダウンロード手順や動作環境等、詳細については「こちら」をご参照ください。

 


NURO光でWifi(無線LAN)接続をする

通常、無線LANルーターは有料でレンタルしたり、ご自身で準備することが多いですが、NURO光では嬉しいことに、無線LANが標準で付いています。

 

そして無線LAN(Wifi)付きのONU(回線終端装置)でパソコンやテレビ、ゲーム機、スマートフォン、タブレットなど様々な機器に接続可能となっています。

 

無線LANは、無線でしか使えないと思っている方もたまにいるようですが、これは無線にも対応しているという意味なので、普通に有線でも利用できます。

NURO光の無線LAN付きONUで接続可能な機器は主に以下の5つ

  • パソコン
  • テレビ
  • タブレット
  • スマートフォン
  • ゲーム機

無線の接続は何かと難しいイメージがありますが、NURO光は新規契約キャンペーンで設定サポートサービスが無料で利用できるので安心です。

 

また、ソネットの会員サポートページではNURO光で無線LAN(Wi-Fi)接続をする際の動画解説等もあるため、とても簡単にWi-Fiが利用出来ます。

 

NURO光で無線LAN接続(Wi-Fi)を設定する方法は「コチラ」

 


NURO光に乗り換えるとメールアドレスは変わるのか?

NURO光に乗り換えると今使っているメールアドレスも変わってしまうんじゃないかと心配される方は多いと思います。

 

今使っているメールアドレスによっては「何も手続きをせずに、そのまま継続できるもの」、「手続きをすれば継続できるもの」「継続ができないもの」の3つに分類されます。

①何も手続きをしなくてもそのまま継続できるメールアドレス

これは「@yahoo.co.jp」や「@gmail.com」などのフリーメール等が該当します。もともとこれらのメールアドレスはプロバイダと契約をしなくても手軽に利用できるサービスなので、回線やプロバイダを乗り換えても何の影響も受けず、そのまま利用できます。

②手続きをすれば継続できるメールアドレス

フリーメール以外のメールアドレスを使っていても、提供元のプロバイダによってはコース変更を行うことでメールアドレスを継続して利用することが出来ます。つまりプロバイダの中には回線やプロバイダを乗り換えても、メールアドレスをそのまま継続して使えるプランがあるということです。そしてそのほとんどは月々200円~400円など、数百円程度の料金で利用できます。詳しくはご利用中のプロバイダの公式サイト等をご確認ください。

③継続ができないメールアドレス

上記でプロバイダによっては月々数百円でメールアドレスを継続できるプランがあると説明しましたが、逆にそのようなプランのないプロバイダも当然あります。おそらく、ケーブルテレビ系や電力会社系のプロバイダはこちらに該当するものが多いのではないかと思います。こちらも詳しくはご利用中のプロバイダの公式サイト等をご確認ください。

※メールアドレスご利用にあたっての注意事項

フリーメールは前述した通り、回線やプロバイダが変わっても、そのまま何も手続きをせずに継続利用できるため、大変便利なサービスです。しかしながら、本人確認をしなくても簡単に取得できるという意味では、匿名性が高く、信頼性の低いメールアドレスとなります。その為、送信先によってはフリーメールによるメッセージの受信を拒否されていたり、フリーメールでは登録できないショッピングサイトやサービス等もあります。また、メールを受信する際も、重要なメールが迷惑メールフォルダに自動的に振り分けられてしまうケース等もあるため、お仕事で使う方には、あまりフリーメールはオススメできません。

 

それぞれのメリットを考慮した上でご自身の用途に応じて、フリーメールを利用するか、有料でもプロバイダメールを利用するかを判断すればいいかと思います。

 


NURO光の工事内容とは?

NURO光の工事内容は基本的にフレッツ光やauひかり等の他の光回線の工事内容とほぼ同じです。

 

今回はじめて光回線を導入するという方は本ページを参考にしてみてください。また、既に何かしらの回線を使っていて今回NURO光に乗り換えるという方は、乗り換え時にいくつかの注意すべき点がありますので、「こちら」を参考にしてみてください。

開通工事の流れ

NURO開通工事の流れ

開通工事の概要

開通工事は、宅内工事と屋外工事の2回に分けて実施されます。
NURO開通工事の概要

宅内工事

(1)光キャビネットの取り付け

家の外壁にビス留めを行い、光キャビネットを設置する。

※ビス留めは3か所、穴の大きさは約4mm程度。

※光キャビネットの設置場所によってはベランダ・庇・屋根等に登って作業することもある。

(2)光ケーブルの引込み

設置した光キャビネットから宅内へ光ケーブルを入線する。

※引込み方法には主に以下の3種類

①電話線などの既存の配管を利用

②エアコンダクトを利用

③新規穴開け

(3)光コンセントの取り付け

引き込んだ光ケーブルに光コンセントを取り付ける。

光コンセントには、光アウトレットと光ローゼットの2種類がある。

(4)光コードの配線とONU設置

光コンセントとONUをつなぐ光コードを配線し、ONU(回線終端装置)を設置する。

屋外工事

(5)最寄りの電柱から光ケーブル引込み

最寄りの電柱からご自宅へ光ケーブルを引き込む。

(6)光キャビネットへ接続

引き込んだケーブルをSo-netが設置した光キャビネットに接続する。

※光キャビネットが2階に取り付けられている場合は、ベランダ・庇・屋根等に上がることがある。

工事に関する注意事項

  • 賃貸住宅の場合、工事の際に建物へ穴をあけたり、機器を固定するための金具を設置する可能性がある旨を建物のオーナーさんへ事前に報告が必要。
  • 工事はONUへの接続までであり、LAN配線が必要な場合は追加宅内工事(有料)での対応となる。
  • 配線した光ケーブルを強く引っ張ったり、曲げたりすると内部断線する恐れがある。
  • ONUに同梱されているLANケーブルは1.5m(カテゴリー5e)。

 


NURO光を申し込むならココがオススメ!

NURO光を申し込める窓口はたくさんありますが、一体どこから申し込むのが一番お得なのか?

 

以下のページではNURO光の代理店で最もキャンペーン内容が充実している人気4社をランキング形式で紹介しておりますので、窓口選びの参考にしてみてくださいね!

 

NURO光申し込みのオススメ窓口ランキングはこちら


 

NURO光について